PART. 自然観察編
 ・バスの習性を知っておきたい

バスです 日本名としてブラックバスを定着させようとしているようですが、ここではバス≠ニ呼びます  バスフィッシングに限らずサカナを釣る時に対象魚の習性を知らなければ話になりません。とはいっても学術的にはまだまだ謎の多いサカナなので釣りをする際必要な事、分かっている事だけをまとめてみました。

 バスはサンフィッシュ科に属し、日本ではノーザンラージマウス、フロリダラージマウス、スポッテッド、スモールマウスの4種類が確認されています。最も一般的なバスはノーザンラージマウス・バスで、純血種もしくはフロリダラージマウス・バスとの混血といわれています。俗に主な小動物は口にするといわれていますが、近年の研究でノーザンはモエビやヨシノボリなどの定着性の強いものを、フロリダは魚食性が強い傾向にあるということが分かってきました。
 適水温は、諸説ありますが、20℃前後が最も活発に捕食活動を行い、25〜30℃以上になると暑さで食傷気味(いわゆる夏バテ)になり15℃以下になると動作が緩慢になり真冬には半冬眠状態になるといわれています。

 日本には1925年に赤星鉄馬氏によって神奈川県・芦ノ湖に移入されましたが、放流当時からその獰猛な性格と繁殖力の強さから県外持出禁止≠フ布令を敷いての放流でした。ところがゲーム性の高いサカナということで集客効果を狙って各地の漁協がこぞってバスの種苗を欲しがっていたそうです。どうやら何度か特例によって移植を試みるために芦ノ湖から持ち出されたようですが、どこも定着しなかったそうです。
 第2次大戦後のアメリカ占領期に米軍が兵士の士気を高めるためのレクリエーションとして釣りを行うためにバスを各地に放流した≠ニいう事もありましたが、これも定着するには至らなかったようです。少なくともひとつのフィールドにバスを定着させるには2,000〜3,000の個体が必要で、生息を維持するにはバスの3〜5倍程度の小魚が必要だと言われいるので米軍の放流程度で定着させるのは至難の業ということです。
 現在では九州から北海道・札幌あたりまで日本全国に生息域を拡大しており、特定外来種規制法≠フ法整備でひと悶着あった事は記憶に新しいところです。俗に「ごく一部のバサーとバス釣り業界(釣り具製造販売、雑誌等)関係者による密放流」と言われていますが確固たる証拠はありません。むしろ「へらぶなやアユなどの稚魚放流の種苗にバスの稚魚が混ざっている」という説が現在のところ最も信憑性が高いと言われています。いずれにせよ人間の営利目的∞ただ単に釣りたいから放流する℃魔ェいかに自然にインパクトを与えるかを考えさせるきっかけになりました。

日本では確認が難しいと言われているスポッテッド・バスです 津久井湖でしこたま泳いでいます(何本も釣って確認済み)

 バスはストラクチャー(障害物)に隠れる事を好み、物陰で獲物を待ち構え捕食すると言われています。しかし朝夕のマズメ時にはグループで追い込み漁≠行います。また産卵期(スポーニングという)には浅場の水通しの良い砂底または砂利底に産卵床を形成し、卵が孵化してもしばらくはオスが稚魚を守るという独特な習性があります。このあたりが「バスは獰猛で繁殖力が強い」といわれる由縁なのです。
 しかしバスは事の外捕食が下手で、逃げ惑う小魚に追いつけず延々追いかけている姿を頻繁に目撃する事ができます。ルアーに喰いつくのは追いかけやすい速さ≠セからだというのも興味深い事実です。またある程度まで守られていた稚魚も自力で捕食活動ができるようになると親に捕食対象として狙われてしまいます。一見残酷な行為にも見えますが、厳しい自然の中で生き残っていく弱肉強食の世界では人間の同情を寄せる余地などありません。

 バスは好奇心旺盛で、30cm台までのバスは適水温だと果敢にルアーにアタックしてきます。人間と同じで個体差(個性)はありますが、同じところで同じルアーに何度も喰いついて釣り上げられてしまうマヌケなバスも珍しくありません。時に「バスは1回釣られると1週間はエサを追わない」と声高らかに吹聴する人がいますが、ヤマメではないのでそのような事はありません。しかしこんな習性のバスも40cmを超えると慎重になり、年齢を重ねた大型になればなるほど狡猾になり釣り上げる事が難しくなります。
 反面バスは意外と衝撃やストレス・護岸や埋め立てなどの環境の変化に弱く、あっけなく死んでしまいます。特に振動や物音には敏感で、「釣り人が増えてバスが釣れなくなった」のは、バスがスレた≠ニいうこともありますが、人が歩く足音や喋り声などの様々な騒音・振動などによるストレス死≠ノよって減少してしまった事も考えられます。
場所と季節によっては大きさの割りに良く太ったバスが楽しませてくれます
ガッツリ喰って往生際が悪い…バスフィッシングの魅力です

 反面バスは水質には強く、クリア・ウォーターからマッディ・ウォーターまで、純粋な淡水域から汽水域まで生息する事が可能です。真っ暗な夜や透明度1m未満であってもルアーにアタックしてきます。それどころか両目が潰れたバスでもルアーに喰いつきます。
 これらの事実からバスは視覚よりも聴覚が優れており、聴覚を駆使して捕食活動を行っていることが良く分かります。それだけに釣りをする際足音や話し声に充分注意する必要が出てきます。

 なおバスの事をブラックバス≠ニ呼ぶのは日本だけで、海外では通用しません。元々芦ノ湖でレインボートラウトのことを虹鱒・ブラウントラウトのことを茶鱒と呼んでいた習慣でバスの事を黒鱒≠ニ呼んでいた事を由縁につくられた和製英語で、標準和名を「オオクチバス」と言います。私は野暮ったいブラックバス≠ニは呼ばずスマートにバス≠ニ呼んでいるので、以後一貫してバス≠ニ表記します。

 

 以上がとりあえず知っておきたいバスの歴史と習性です。それではこんな性格のサカナをルアーというオモチャのような道具でどうやれば釣れるようになるのか…ひとつひとつ探っていきましょう。

 

釣れない奴は点と線≠ナしか見ていない へ


 
バカと呼ばれないための BASS FISHING TOPに戻る