PART.1 自然観察編




・魚食魚を狙う基本

 初心者の場合「でかいサカナは沖にいる」と一生懸命沖に投げるのに躍起になっています。河口湖あたりではそんな初心者の姿がそこかしこで見受けられ微笑ましい限りです(もちろん皮肉です)。しかし残念ながら沖に投げてもバスはいません。

 恐らくリールを使っているという点だけでサーフキャスト(投げ釣り)などで思い切り飛ばす釣り方と結びついてそんな誤解が広がったのでしょう。加えてへらぶなやはぜ釣りのような釣りでもまっすぐ飛ばすのが基本なので「とにかく沖に投げれば何とかなる」という錯覚がそうさせているのでしょう。あるいはまっすぐ沖に投げればキャストは楽だ、ルアーが根掛からないという理由もあるのでしょう、思い切り投げられるからスカッとするという理由もあるでしょう。実際バスに限らずトラウトでもシーバスでも、とにかく初心者は沖に投げてばかりいる。
 しかし何度も言いますが、沖に投げたところで基本的にバスは釣れません。

とにかく初心者は沖が好き♪

 なぜなら基本的にバスは辺地(岸際)につく≠ゥらです。
 これはバスに限らず全ての魚食魚(フィッシュイーター)に当てはまる話で、なぜなら捕食対象になる小魚が辺地につくからです。というのも小魚の多くは湖の場合エサとなるものが岸際に多い、日当たりが良く冠水植物や藻類(ウィード)が発育して新鮮な酸素がある、さらに敵から身を隠す障害物(ストラクチャー)が多い、と理想的な環境が整っているからです。
 小魚が集まれば当然魚食魚も現れます。さらに魚食魚にとって辺地は身を隠す環境が整っている、新鮮な酸素があるといった小魚にも当てはまる環境が狩をしやすく≠ウせているのです。加えてバスのように集団で狩をするサカナにとって辺地は追い込むための理想的な環境が整っているのです。

 右の図はバスの追い込み漁≠簡単に示したものです。一般に単独で狩をすると思われているバスですが、それは日中の話でフィーディング(捕食)タイム(最近ではこれを時合≠ニ呼ぶ輩もいる)になると右図のように四方から小魚を追い込んでいきます。追われた小魚は岸に逃げるしか進路がなく、行き場を失った小魚たちは水面を割ってでも逃げようとします。これがボイル≠ナす。魚食魚の基本行動として群れを壊すような事は自らは行わず、群れからはぐれた小魚を狙って捕食します。しかしバスは元々捕食が下手なサカナで追いかけているうちに小魚に連られて水面を割る事も良くあります(これをライズという)。

魚食魚は辺地を釣れ≠フ言葉通りバスを釣ろうとなるとまず辺地から攻めるのがセオリーです。よほど沖に辺地よりの理想的な環境があれば話は別ですが、何の根拠もないままただ漠然と沖に投げたところで元々バスなどいないのですから投げてもムダです。
 よく「回遊バス」と「居着きバス」と分けて考える人がいますが、実際にはバスはレインボートラウトやシイラのような回遊魚ではありません。むしろカサゴやメバルに近い部分もありますが、根魚でもありません。バスもシーバスもある程度回遊はしますが最も居心地のいいところを見つけたら居着く∞半回遊魚≠ニ言えるでしょう。
 言ってみればバスは落ち着きのないサカナ≠ナ、あっちへ行ってみてしばらく居ついてみるが「気に入らない」となるとまた別のところに行ってしばらく居ついてみる、それでまだ「気に入らない」となればまた別のところに行ってまた居着いて…と1日中ウロウロしているようです。さらにコイのようにある程度エサを捕食するポイントを決めていてそのポイント目掛けてウロウロしているようです。よくワカサギ(と思われる)群れ狙ったら案の定バスが釣れた、というのは回遊バスなのではなくそこにに小魚の群れが回遊する事を知っていたバス≠ニ考えるべきでしょう。
 西湖のような透明度の高いところではポイント移動をして辺地際を群れをなして移動しているバスを目撃できますが、この時に彼ら目掛けてどんなルアーを投げても食いついては来ません。もしこれが一般に言われている回遊バスならエサを発見次第食いついてくるでしょう。つまりバスは「移動中は喰わない」ということですね。
 

 と簡単に魚食魚の基本とバスの基本動作についてお話しましたが、次は小魚の食べているものは果たして何か、についてお話しましょう。小魚のエサが分かれば小魚がいるところが分かる、小魚がいるところにはバスがいる…自然観察らしくなってきましたね。

 

いわゆる羽虫≠ヘバスのサイン へ