PART.2 ルアーセレクト編
 ・ルアーのタナ≠大まかに分けておく

 前項ではルアーの泳ぎ方についての見分け方を説明しましたが、ここではルアーの泳ぐ深さについてお話しましょう。

 バスが根魚と大きく違うのは、バスは状況によってタナが大きく変わる事です。それはエサとなるモエビや小魚などの状況や水温・気象条件などが大きく影響し、状況によってはストラクチャー(障害物)にぴったりと張り付いたりストラクチャーから離れ積極的に泳ぎ回ったりと絶えず落ち着かない。これこそがバスフィッシングの難しいところであり面白いところです。
 プラグはバスを狙い撃ちするばかりでなく、タナを探るルアーとして使うことができる(サーチベイト≠ニいう…後述にて詳細)便利な道具です。ルアー自体放っておいても沈むもの、リップの角度と長さで沈む深さが決まるものの2種類があり、タナを計るにはこれらのルアー特性を利用します。

全部ラパラの新旧カウントダウン

 まずは沈むルアーから。
 沈むルアーの例としてカウントダウンミノーから説明します。沈むルアーは着水直後から沈んでいきます。その特性を生かして「着水してからX秒後に巻き始める」使い方は良く知られています。この使い方をカウントダウン≠ニ呼びます。本来なら沈むミノーはシンキング≠ニ呼ぶのが一般的ですが、使用用途からラパラ表記が適切なのでここではカウントダウン≠ニ呼びます。
 しかしこの釣法は慣れないと根掛かりしてしまうので使わないという人も多いのが現状です。そういった人のほとんどはミノー=カウントダウン≠オか知らない人だったりします。

 カウントダウンミノー自体比重が重いので投げて着水直後に巻いてくるだけで泳層がフローティングミノーより深くなります(同じリトリーブスピードという条件付)。さらにサスペンドミノーというルアーは(およそ13℃前後で)水中静止させるために設計されていますがその実はフローティングミノーより比重が重くカウントダウンより比重が軽い。比重とはすなわちルアーの重さなのでフローティング、サスペンド、カウントダウンと使い分ければただ投げて巻いてくるだけで3つの層を探る事ができるのです。

国内外のバイブレーション達

 沈むルアーの仲間にバイブレーションがあります。これもフローティング・サスペンド・カウントダウンの3タイプがありますが、なぜか日本ではカウントダウン以外のバイブレーションは支持されません。なぜならいつの頃からかバイブレーションはボートで深場を探るもの≠ニ考えられるようになったからでしょう。
 しかしもちろんバイブレーションはそれだけのものではない。比重を変えたルアーを用意できればタナを変えて泳がせる事は簡単です。というわけで同じメーカーの同じモデルのサイズ違い(重さ違い)のものがあればタナを変える事ができます。同様にスピナーベイトでも重さ違いのものを揃えれば違うタナを攻めることができます。

 浮くルアーでもリップの長さと角度で深度は大きく変わってきます。右写真はボーマー・モデルAの3Aと7Aです。正面から見ると3Aより7Aのほうがリップが大きく水の抵抗を大きく受けます。さらに水を逃がすための角度が3Aより7Aの方がなだらかです。この2つの作用により3Aは潜っても1m未満なのに対し7Aは2m付近まで潜るのです。さらに浮力との関係でリトリーブ速度を落とせば本来3mまで潜るとされるルアーでもそれより浅いタナを泳ぎます。
 リップの角度は水面に対して水平に近ければ深く潜り、逆に垂直に近づけば潜らなくなります。ただしリップが完全に水平になるとリップが水を掴みづらくなり泳がせづらくなります。さらに同じ角度を持っていればリップが長い方がより深く潜ります。

同じ Model A でもリップの長さと角度で潜る深さが違ってきます
同じフローティングミノーでも長さと角度で潜る深さはまるで違ってきます

 右の写真は上からスミス:パニッシュ55F、ジップベイツ:リッジ55F、ラパラ:F5です。どれも単なるフローティングミノーですが、リップの長さと角度によって泳層が違ってきます。
 最も沈むのがラパラF5で最大1m近いところまで達します。次に潜るのがリッジ70Fで、スミスのパニッシュが最も浅いところを泳ぎます。それはルアーのリップを見れば一目瞭然な事で、同じフローティングミノーといえども大きく異なる事が良く分かります。
 もちろんメーカーでも近年このルアーはここまで潜ります≠ニいう表示をしてくれるところが多くなりいい時代になりましたが、やはり最後は自分の目と実際に投げてみる℃魔ェ肝心ですね。これらの特性を掴んでしまえば実際に泳がせてみて全く見当違いだった、と言う事はなくなるはずです。

 最近ではカウントダウンはロッドを立てればフローティングになる≠ニかロングビル(リップの長い)ミノーはロッドを立てれば浅場も攻められる≠ネどと通ぶる輩が多いですが、それは一時しのぎにしかなりません。
 もしその時浅いタナである程度ゆっくり泳がせないと釣れない状況でカウントダウンを投げても釣れる確率はきわめて低くなります。というのもロッドを立ててもある程度早く巻かなければルアーは沈んでしまいバスの意識しているタナより下を泳いでしまうからです。
 また、浅いタナで早く巻かなければ反応すらしないような状況でロングビルを投げたところで、これもやはり釣れません。なぜならロングビルの場合ロッドを立てても早く巻いてしまってはバランスを崩すか潜ってしまうからです。

 最初からフローティングミノーを持っていればリトリーブを遅くも早くもできます。ここはやはりその場に合ったルアーを用意しておきたいところですね。

 

 ハードルアーの特性はほぼ網羅しましたね。トップウォーターについては説明の手順の関係で後述とします。さて今まではかなり噛み砕いて科学的な話をしてきましたが、次の項ではむしろ精神面≠フ話になります。

 

絶対に信用できるルアー≠持とう へ


 
バカと呼ばれないための BASS FISHING TOPに戻る