PART.2 ルアーセレクト編
 ・絶対に信用できるルアー≠持とう

フィールドに乏しい都市部のアングラーほど雑誌を買い漁るようです…実は悲しい現実かも

 ここまで泳ぎ方≠ニ泳ぐ深さ≠ゥらハードルアーの特性の見極め方について説明してきました。これでお店に行ってもハハン、このルアーはこう泳ぐんだな≠ニ予測がつくようになったはずです。
 そこで次の目標として、自分にはこのルアーがあるから大丈夫≠ニ自信を持って使えるルアーを持つようにしましょう。しかしその根拠が雑誌にいいと書いてあったから≠ニかこのメーカーはいいと店で言われたから≠ニいう他力本願なものだったら、そんな根拠は捨ててしまったほうがいい。なぜならバスの専門誌のほとんどは釣具メーカーの広告収入で運営しており、たとえカスみたいなルアーでも広告主様のものであれば宝物のように紹介します。また量販店などの大型釣具店ではコイツ、素人だ≠ニ見抜くと次から次に売れ残りをさも高級ブランド品のように紹介しては売りつける、釣り人のことより自分の店の在庫処理に躍起になる輩だったりするからです。

 と散々雑誌や大手量販店をケチョンケチョンにけなしましたがならば何を根拠にすればいいんだよ≠ニいうと、自分の感覚を信じる事です。
 前の項で全てのルアーはスプーンに通じる≠ニ説明したのですから、あとは自分の目と感覚で確かめるまでです。そうすればアタマで理解した事と体験で得た事が見事に合致してめでたくあなたのもの(使える知識)となって定着するのです。そうやって自分の力で得た知識を持ってルアーを選べば、そのルアーにサカナが付いてくるのは時間の問題です。
 実際釣果があればあるほど信用できるものです。どんなに雑誌などで能書き情報をかき集めたところで自分で得た釣果≠ニ言う事実に勝るものはありません。基準にするものは他人のうわ言ではなく自分がそのルアーでどれだけサカナを釣ったか≠セけで充分なのです。

ラパラは何kg持っていても困らない(写真は手持ちのごく一部)

 私の場合絶対釣れると全幅の信頼を置いているルアーはラパラ≠ナす。何はなくともラパラさえあれば何とかなってしまう、という気持ちで投げると日本中どこでバスを狙ってもアラ不思議とばかりに釣れてくる。私はラパラをエサ≠ニ呼んでいます。

 もちろんメーカーだけを基準にするのはよくない。やはりPART.1で紹介した自然観察とそこから予測してルアーをセレクトすることが肝心なんですが、バッチリ自然観察ができてハッキリルアーの動きが把握できていれば迷う事は少なくなってきます。各状況において信頼できるルアーをひとつずつ増やしていくのも肝心な話です。
 ルアーを買う時点で新しいものを買うかどうか、それは一種の賭け≠ナす。しかしルアーの動き方・特性をある程度推測する事ができればリスクは最小限に留めることができます。そしてまたこのリスクがある、意外性があるところ、どのように動くのか想像する事がルアー選びの楽しさでもあるのです。

手前がMegabass・Deep−X100 後ろの WiggleWart や Model A のほうがよほど使い勝手がいい(個人的感想)

 これはこぼれ話。
 過去爆発的な人気で入手困難だったメガバスにディープXというルアーがあります。私はリップの形状などからこれはいいかも、と買ったのですがいざ使ってみるとこれが全然良くない。特性は予想通りでしたがメガバス最大の売りである多方向重心移動システムのおかげでまっすぐ引いているのにあらぬ方向に泳いでしまうのです。ストラクチャーにタイトに引いてくるのですが途中で何を思ったかルアーが勝手にストラクチャーに突っ込んでいく…何個ロストしたことか。
 私の好みはやはりクランクは予想が立てやすくまっすぐ泳いでくるものがいい≠フでディープXシリーズは持っていても使う気になりません。モデルAやウィグルワートのほうがよほど使いやすく良く釣れる。また入手しやすい事も条件に入りますね。どんなに釣れてもロストしたらすぐに補充できるくらいの手軽さが欲しいところですね。もっともメガバスも今ではかなり入手しやすくなりましたが。

 信頼できるルアーはひとつよりふたつあったほうが心強い。さらに3つあったほうがもっと心強い…と少しずつ自分が信頼できるルアー≠増やしていけば気がつくとタックルボックスは自信たっぷりのルアーで溢れている、ということになります。残念ながらルアーは消耗品なので信用できるルアーを根掛かりでロストした、でかいバスにラインを切られて持っていかれた、などのハプニングはあるでしょう。そこで自信を喪失したくなければ雑誌や腹黒い店員に惑わされる事なく自分の自信のあるルアーをひとつでも多く持っているといいでしょう。私のルアーストックでメーカ・モデル・サイズ・色が全く同じものがいくつもありますが、それは信頼の証なのです。
 初心者の方はこれからルアーを増やしていくだけですが、もうすでにルアーを結構持っている人もいる事でしょう。そんな人はもう一度自分のタックルボックスを覗いてみてください。そこでもし根拠のない雑誌に騙されて雑誌の情報しか参考にせずに買った<泣Aーばかりで釣れなかったとしたら、初心に返って整理する必要がありますね。どんなに人がいいと言っても自分に合わないルアーを持っていても重いだけですから。

信頼できる奴はひとりいれば十分だ でも多ければ多いに越した事はありませんね
 

 と今回は精神面での話をしましたが、フィールドに立った時自信を持っているのといないのでは大違いです。次はせっかく選んで手に入れたルアーの動きを最大限に生かす方法を紹介しましょう。

 

ルアーの性能を100%引き出す へ


 
バカと呼ばれないための BASS FISHING TOPに戻る