PART.2 ルアーセレクト編
 ・ルアーの性能を100%引き出す

釣具屋さんに行くとルアーがびっしりあって初心者のうちは訳がわかりませんね(ロケ地:釣り人天国町田店)

 ルアーを買ったら、パッケージから出して、その後どうしますか?
 まさかそのまま釣りに使っていないですよね…とは言ってもたいていの人はそのまま使っているのが現状です。悪くはないのですが100%性能を引き出すにはルアーにひと手間かける必要があります。国産の場合それでも何とかなりますが、外国産のルアーの場合はどうしてもひと手間かけたほうがいいでしょう。

 最初に手間をかけるべきところはアイについているリングです。ルアーを泳がせるためにここにラインを結ぶように≠ニ装着されていて、このリングのおかげでルアーが自由に泳ぐのです。しかしこれは針金を2重に巻いたものでアイにかなり干渉しています。さらに強度を保つために使っている針金自体が太いものもあり、国産のものでもこのリングがかなり干渉しているおかげで本当ならもっと泳ぐ<泣Aーなのに余計な干渉のおかげでしっかり泳がないものがかなりあります。

 そこで私はスナップを使っています。以前はさほど気にもしなかったのですが、東京湾でシーバスを狙うようになってから夜の闇の中でラインを結ぶストレスに負けてカルティバあるいはウォーターランド製のスナップを使用するようになりました。結果ルアーチェンジが楽になったばかりでなくルアー自体の泳ぎも格段に良くなって釣果もガンガン釣れていい事尽くめだったのでバスルアーもスナップを使うようになりました。
 スナップは1本の針金で作られているのでリングほどアイに干渉しません。もし同じ太さの針金で作られているとしたら干渉する面積は単純に1/2になることは簡単に予想がつきますね。実際にはさらに細くて頑丈な針金を使っているのでアイに干渉する面積はもっと小さくなります。従ってルアー自体アイと比べるとかなり自由に泳ぐようになるのです。

iconicon
● ウォーターランド スーパースナップ icon
(写真をクリックするとナチュラムのページに飛びます)

 スナップは上写真のようにスイベルのないタイプでないと変えるだけムダな事になります。なぜならスイベルは日本語でヨリモドシ≠ニ呼ばれる道具で、仕掛けが回転することで生じるラインのヨレを吸収してくれる便利道具だからです。困った事にルアーが泳ぐときにラインにヨレが生じますがヨリモドシを使ってしまうと手元にルアーの振動が伝わらない、今どのように泳いでいるのかわからないと言う事になってしまうのです。さらにスイベル自体の重さでルアーが前傾に引っ張られてしまい本来の性能を引き出すどころか殺してしまいかねないのです。
 スナップの利点はルアーチェンジが楽になるだけではありません。リングだと2重になっている部分にラインを結ばないと針金の切断角でラインが傷つき思わぬラインブレイクを招きます。しかしスナップはラインを結ぶところに切断角はありませんので気軽に結べるという利点があるのです。

 スナップを選ぶ際リングの直径と同じサイズのスナップを選ぶといいでしょう。というのもメーカーでテストを重ねた際最適と判断されたサイズのリングを使っているからです。もしこれがリングより大きいものだったらルアーは暴れるし小さいものだったらルアーの泳ぎが抑えられてしまいます。もちろんこの特性を逆手にとってルアーの動きをコントロールする技もあります。
 ルアーによってはスイベルを使わないものもかなりあります。例えばペンシルやポッパーの場合アイに直結した方がコントロールしやすいのでリングもスナップもつけません。またディープダイバーやクランクの場合リップに溝が掘られその中にアイがあるものが多く、スナップに変えるのが難しいものも少なくありません。そんな時は無理に変えようとせずリングをつけたままにしておきます。

 初心者で多く見受けられるのがリングにスナップを付けるという荒業を平然とやってのける人です。これでは泳ぐルアーも泳がなくなってしまいます。
 ルアーはアイを中心にウォブリング・ローリングするように設計されています。スナップとリングを組み合わせるとその接点のほうがアイの位置より自由に動きおかしな動きになってしまうのです。さらに余計な出っ張りを作る事でウィードやゴミを引っ掛けやすくなる・スナップとリングが干渉して不要な金属音を出しバスを警戒させてしまうなど百害あって一理ナシなのです。
 たいていの場合このような事をするのはラインを結ぶ事のできない初心者がよくやる失敗ですが、ルアーフィッシングに限らず釣りではひと手間≠ゥけることが釣果に繋がります。「基本に忠実な人はよく釣る」「手抜きを何とも思わないガサツな人はそれなりの釣果しか得られない」とも言えます。

 ルアーの性能を引き出すにはスナップを変えるだけで充分ですが、さらにもうひと手間加えると釣果を増やす事が出来ます。
 それは買った時に付いているフックを交換する、それだけです。外国製のルアーはフックは自分で研ぐもの≠ニいうのが常識の国から来ているので自分で研がないのなら交換が絶対です。国産のルアーでも変えたほうがいいでしょう。
 私が愛用しているのはオーナーばり・カルティバシリーズです。ここのトレブル(トリプル)フックは左右正対称という他のメーカーにはないプラグに理想的なフック形状を採用しています。さらにカッティングポイントは触れただけでも刺さる、驚くほどバーブ(カエシ)が小さいので簡単にバーブレスにできる、などゲームフィッシングに向いているのでお勧めです。バーブレスに関してはいかに良いかを解説している項目を設けましたのでそちらも参考にしてください。

iconicon
● オーナーばり スティンガートリプルフック icon
(写真をクリックするとナチュラムのページに飛びます)
 

 さてこれまでハードルアー、それもプラグについてお話してきましたが、バスをやる皆さんにはむしろソフトルアー(ワーム)のほうが馴染みが深いのではないでしょうか。次はそのソフトルアー(ワーム)についてお話しましょう。

 

ソフトルアー(ワーム)は分かりやすい へ


 
バカと呼ばれないための BASS FISHING TOPに戻る