PART.2 ルアーセレクト編
 ・ソフトルアー(ワーム)は分かりやすい

 これは初心者に多いセリフ…「俺ルアー持ってないから」とワームのぶら下がったタックルを抱えている。あのぉ、そのぶら下がっているやつはルアーでなかったら一体何なんでしょう。「決まってるじゃん、ワームだよ(己のマヌケさに気づかず勝ち誇ったような笑顔)」…というわけでここではワームの事を誤解のないようソフトルアー≠ニ表記します。ここまではプラグを中心としたハードルアーについてお話してきましたが、特に第2次バスブーム以降バスフィッシングを始めた方はソフトルアーの方が馴染みが深いのではないでしょうか。
 ソフトルアー自体さほど難しい話はありません。まずは材質に塩≠ェ入っているかそうでないかの違いです。塩は水よりも比重が重いのでソフトルアーに混ぜると速く沈むようになります。左の写真はノンソルト(塩入りでない)のスライダー・4インチストレート(写真上)とソルト入りの代表格ゲーリーヤマモト・4インチグラブ(写真下)で、ソルトの量を増やせばその分速く沈みますが強度も格段に落ちてちぎれやすくなります。

 次にボディ形状とテール形状の組み合わせでソフトルアーの特性がほぼ決まります。
 テール形状では最もサカナにアピールするのはパドルテールで、バタバタと大きく水を掻きボディにも強烈な振動を与え、沈下速度も抵抗が大きいので最もゆっくり沈みます。次にアピールするのはカーリーテールで、引いてくるとストレート状に伸びて水を掻き細かく振動しボディにも細かいバイブレーションを与え、パドルテールに次いでゆっくり沈みます。この2タイプにはシングルテールとダブルテールのバージョンがあり、ダブルテールのほうがゆっくり沈みます。
 カーリーテールよりややバイブレーションが強いのですが沈下速度は速いのがシャッドテールです。ピンテールはバイブレーションが最も細かく沈下速度も最も速くなります。
 以上の特徴は同じ材質・同じ形状のソフトルアーという前提が条件になります。ボディ形状の違いは次の通り。

iconicon ● ゲーリーヤマモト 4インチ ヤマセンコー icon
 写真をクリックすると ナチュラム の解説が見られます。
iconicon ● デプス デスアダー icon
 写真をクリックすると ナチュラム の解説が見られます。

 一般的にはモデル名をそのまま指すので特にボディ形状名はほとんど存在しないのですが、ここでは便宜上分けています。
 まずは最も幅広く使われている細身のストレートボディです。細身なだけにテイルのバイブレーションが伝わりやすい特性を持っている。細身のボディはしなやかでそれ単体でも抵抗をマトモに受け細かいバイブレーションとアクションが生まれます。スライダー・4インチストレートワーム、ゲーリーヤマモト・4インチストレート、同・ヤマセンコーなどが代表例。
 次に多いのがシャッドタイプで、明らかに小魚を意識したデザインです。ボディ素材は比較的固いモノで作られているためソフトルアー自体のアクションはさほどでもないがテールの振動をボディ全体で拾うのでかなりバイブレーションが増幅される。ランカーシティ・スラッゴー、バスアサシン・バスアサシン、デプス・デスアダーなどが代表例。

iconicon ● ゲーリーヤマモト 4インチシングルテールグラブ icon
 写真をクリックすると ナチュラム の解説が見られます。
iconicon ● ケイテック カスタムミニチューブ icon
 写真をクリックすると ナチュラム の解説が見られます。

 カーリーテールと相性がいいのがグラブタイプでゲーリーヤマモト・4インチグラブのテールがもげてもなお使っていたらよく釣れたという経緯からイモグラブ≠ェ生まれたのは有名な話です。太いボディはそれだけで存在感がある反面バイブレーションを伝達させにくいというデメリットもあり、ある程度アピール力のあるテールと組み合わせないと効果は期待できません。
 チューブタイプは読んで字のごとくまさに中空ボディでバイブレーションの増幅は最高かもしれない。アメリカでは初心者からトップトーナメンターまで幅広く使われている釣れるルアー≠フ代表格だが、日本ではなぜかあまり使われていない。
 最後にリングタイプがあるが、これは水の抵抗を受けて複雑に泳ぐよう設計されているのです。有名なところはサターン・リングワームですが、広義で言えばたいがいのボディには細かい溝が刻まれておりリングタイプの一種だといえます。

 このほかにザリガニを模したクロータイプやイモリを模したリザードタイプがあるが、これらは複合ワーム≠ニでも呼ぶべきものです。クロータイプは基本的にはパドルのツインテール+ストレートボディでザリガニに模したのは「こうした方が釣れる」ように思えるから。同じ理由でリザードタイプはストレートボディの側面にカーリーテールを付けたタイプです。
 先のバスブームでメーカーはこのような複合ワームを次から次に出してくれたおかげで様々なソフトルアーが増えました。例えばグラブボディにフラスカートをテールに付けてみたり、右写真のようにクロータイプとリザードタイプという複合ルアーをさらに組み合わせたもの(写真上:ズーム・ブラッシュホグ)、チューブボディとリザードを組み合わせたもの(写真下:エコギア・ダブルフェイス)など数え上げるとキリがありません。しかしボディとテールを分けて考えると案外簡単に特性が掴めてしまうものです。

iconicon ● ズーム ブラッシュホッグ icon
 写真をクリックすると ナチュラム の解説が見られます。
● エコギア ダブルフェイス
 写真をクリックすると Yahoo!Shopping の解説が見られます。

 以上ソフトルアーの特性を掴むことはハードルアーと比べてもはるかに簡単なことです。しかしソフトルアーはハードルアーのようにもともと針が付いていて投げて巻けばいいというものではない。その場所や条件にあったリグ(仕掛け)を作らなければただ特性を知っているだけ≠ノなります。
 そこで様々なリグが編み出されているわけですがまずはスプリットショット・リグから始める事をお勧めします。
 基本的な操作方法はまずキャストして着底を待ちます。着底するまでラインはフリーにし、ラインの動きに目を凝らします。着底するまでスルスルと持っていかれるのですが、途中でラインが止まったり走ったり動きが遅くなったりしたらバスがバイトした可能性が高いのでラインをロックして軽くアワセてみます。何事もなく着底したら糸フケを取りながらまずロッドを0時の方向(真正面)に持ってきます。リールは使わずロッドを横に90度さばいたら糸フケを取り再びロッドを横にさばきます。これが基本動作になります。

 初心者の方でまずはノーシンカーをやっていれば釣れる≠ニ言われて忠実に実行されている方が多いかと思いますが、そういった方は残念ですが随分遠回りさせられています。というのも丸1日ノーシンカーをやっていればとりあえず1尾≠ヘ釣れます。しかしそれは何もノーシンカーでなくても何を投げていても同じです。ノーシンカーの場合オフセットフックを使っていればとりあえず根掛かりしない、根掛かりしても簡単に付け直す事ができるので放っておける、という理由で中級者以上の人間が自分の釣りを邪魔されたくない≠ニヨコシマな気持ちで教えている事なのです。
 このような不幸にも遠回りをさせられた人は早めにハードルアーとソフトルアーをある程度揃えて、スプリットショットで底を取る♀エ覚を養いましょう。ゴリゴリ≠ナもズルズル≠ナもなくゴンッ≠ニ感じたらそれは間違いなくバスです。

 スプリットショットで一番肝心なのは底を取る≠ニいう感覚です。リグを引いてきてゴリゴリ≠ニかズルズル≠ニかいう感覚がラインを伝ってロッドを握る手元に感じる事ができます。最初は少し大きめのシンカー(オモリ)を使えば感触を容易に掴む事ができます。その感触の種類については PART.3 実釣編 で紹介します。

 他のリグはスプリットショットの応用リグだと考えるといいでしょう。
 ダウンショットはスプリットショットよりタナを固定する事に優れている、ジグヘッドはスプリットショットより底をベッタリ引くことができる、ノーシンカーはスプリットショットより遅く沈める事ができる、と考えるとそれぞれ使い分ける事が容易にできます。
 もちろんリグはそれぞれ独自の使い方があり、それを体得する事で攻め方のバリエーションも広がるのです。

 

 ソフトルアーについて、ルアーそのものの特性を説明しましたが、肝心なソフトルアーの動かし方≠ヘ本当に基本中の基本しか述べていません。なぜならハードルアーもソフトルアーも含め全てのルアーの動かし方はあるプラグの動かし方に行き着いてしまうのです。そのプラグとは何か、どう動かすのか、は次の項で説明します。

 

全てのアクションはペンシルに戻る へ


 
バカと呼ばれないための BASS FISHING TOPに戻る