PART.2 ルアーセレクト編
 ・全てのアクションはペンシルに戻る

 右の写真はペンシルベイトの古老にして最高峰といわれているへドンのオリジナル・ザラ・スプークです。略してオリザラ≠ニ呼ばれトップヲタばかりでなく1流トーナメンターから素人アングラーまで広く支持されています。現在数あるペンシルの中でも他の追随を許さない、人気実力No1のペンシルです。
 見ての通りリップもなければ水を受けるヘッドもない、ただ丸いだけのプラスティックの塊(昔は木片だった)にアクションをつけるのはロッドワークとリーリングだけです。このトップウォータープラグとソフトルアーのリグが一体どう関係があるのか、と言えば実は密接に関係しているのです。

 ではどのようにして動かすのか…まずはペンシルの動かし方から見ていきましょう。ペンシルの動かし方は2通りしかありません。

オリジナル・ザラ・スプークです これが好き!というルアーマンを数え上げたらキリがない
 キャストしたらロッドを1回横にあおって糸ふけを取りながら再びあおる。これだけでクイックイッとルアーは首を振りながらこちらに泳いでくるのです。大きくあおってやればスライディング≠ニいってルアーは大きく左右に泳ぎ、小さく小刻みにあおればドッグ・ウォーキング(ウォーキング・ザ・ドッグ)≠ニ呼ばれ小刻みに首を振りながら泳ぎます。
 ロッドをあおる代わりにリールを巻いたり止めたりするだけでも同じ効果が得られます。肝心なのはいかに糸フケを出すかにかかっているのです。最初のうちはリーリングによるアクションではなくロッドを横にさばいてスライディングとドッグ・ウォーキングをマスターしてください。ペンシルは破損しない限り絶対沈まないルアーなのでいちいち目で確認でき、要領をマスターするのにさほど時間はかからないでしょう。
 実は他のルアーで行うロッドアクションも全てこの通りやるだけなのです。
 ルアーを変えてミノーをつけて全く同じロッドワークを加えるとミノーは大きくダート(もんどりうって泳ぐ事)します。大きくロッドをさばけばジャーキング≠ニ呼ばれ、小さくロッドをさばけばトゥイッチング≠ニ呼ばれます。またリーリングでダートを調整すればグリグリメソッド≠ニ呼ばれます。
 またフロ−ティングミノーやクランクベイトのような浮くプラグで糸フケを取っていると必然的に浮いてきます。浮く状態を意識するとリフト&フォールになります。よく考えてみると前の項で話したスプリットショット・リグの引き方もスライディング≠フロッドさばきをゆっくりさせたものです。

 今まで横にロッドをさばいてきましたが、今度は縦にロッドをさばいたらどうなるでしょうか。まさか横にしてできたものを縦にしてできないはずもあるまい。
 スピナーベイトやバイブレーション、カウントダウンミノーなど沈むルアーは糸ふけが出てラインのテンションがフリーになると当然沈みます。その後ロッドを縦にさばくと引っ張られて浮き上がります。これを繰り返すと先程のリフト&フォールと逆の動きになりますが、リフト&フォールまたはジャーク&フォールと呼ばれます。ロッドを縦にさばく際ドッグ・ウォーキングのように小刻みに刻むとさらにアクションが付きます。これは残念ながら特別な名前はありませんが、かなり効果的なアクションです。
 以上ハードルアーで例を挙げてきましたが、もちろんソフトルアーでも全く同じことが言えます。特にジグヘッドはミノーにかなり近い性質になるのでロッドを縦にさばいたり横にさばくだけで、素材がソフトである分かなりの効果が期待できます。

 ダウンショットの場合そのリグ形状からロッドを横にさばいてもさほど大きな効果は得られませんが、縦にさばくとラインにダイレクトに結ばれているので相当トリッキーな泳ぎ方をします。下手なワッキーリグよりこちらのほうがお勧めです。
 またスプリットショットでもリグの特性上ロッドは横にさばいてもさほど変化は見受けられません。しかし縦にさばくとダウンショットのようにピンポイントを攻めたりフォーリングを誘発したりとかなり効果的です。

 それでもやっている事はペンシルのスライディング≠ニドッグ・ウォーキング≠ネのです。いかがですか?そんなに難しいことじゃないでしょ?初心者の方や中級者以上の方でもまだペンシルを操作できないという人がいたら、相当損していますので早速練習してください。規則的にできるようになったらあなたのアクションはトップクラスです。

 しかし地上最強のアクションと言うものがありますがご存知ですか?
 それは何かと言うと、ただ巻き≠ナす。リップの付いたプラグの場合下手にアクションを派手にするとルアーを追いかけてきたのに途中で反転してしまう事があります。元々バスをはじめとした魚食魚は慎重な性格で、狙った獲物が変な動きをすると気づかれた≠ニ勘違いし諦めて反転してしまうのです。
 逆に効果的なときもありますがどう見極めたらいいのでしょう。例えばクランクを引いてきて何らかの形で(例えば杭に当たった、底石に引っかかって抜けた、などで)ルアーにアクションが付いてしまった直後にガツンときたら間違いなくアクションをつけるべきです。しかし闇雲にアクションをつけるなら何もせずにただただ巻いてきたほうが得られる情報は多いものです。

 アクションはただ巻きのあとでつけるかどうか判断してください。

 

 とルアーにアクションをつける方法がいかに簡単であるかをお話しました。この程度のことはテクニックでもなんでもないですね。これをバラしてしまったら専門誌の○○テクニックなんてもう読めません(バラしてやった、ザマミロ)。次はルアーセレクト最後の難関カラーセレクト≠ナす。

 カラーセレクトは難しくない


バカと呼ばれないための BASS FISHING TOPに戻る