PART. 実釣編
 ・ストラクチャー≠ヘ全部叩きたい

 どんなバスフィッシング入門書でも専門誌でも真っ先に紹介されるのがストラクチャーにバスが付く≠ニいう事実です。
 しかし釣れない人の全てが単に目の前にあるストラクチャーしか攻めない、目の前にあるストラクチャーでバスが出なければ途方に暮れてただ何となくルアーを放って途方に暮れてしまうのです。それは目の前のストラクチャーしか見えていない、その周辺の自然観察がまるでできていないことが原因しているのです。PART.1で地形を把握しバスの居つきそうな条件を探し出す方法を説明しましたので、もう釣り場でアタマが真っ白になって途方に暮れることはないですよね。

 ここではごく一般的に紹介されているストラクチャー≠ノついてまとめました。

自然のストラクチャー
インレット・アウトレット
水上・水尻です
バスに限らず基本中の基本です
これは地上の湧き水 湧き水
新鮮な水はサカナにとって
居心地が良い
ブレイク
カケアガリです
岬周り・水中島
ブレイクのバリエーション違いです
ゴロタ場
バスが隠れやすい場所です
ウィード
バスばかりでなく小魚なども
集まる
ヨシ=アシ(葦)
際や奥にバスが付いている
密集しているところよりパラアシのほうが良い
冠水植物
水に浸かってしまった陸生植物
条件はヨシと同じ
その他水生植物
ハスやジュンサイなど植物周りは
酸素も多く様々なサカナや小動物が
集まる
オーバーハング
特に夏はバスの避暑地と餌場になる
立ち木
入り組んだ場所は大物が隠れる可能性が高い
倒木
水中の大石・岩
マンメイド(人口)ストラクチャー
桟橋
素人は桟橋に乗りたがりますが
桟橋の影にバスは付きます
橋脚
やはり影にバスは付きます
水門
流れと底の変化・周辺の地形変化に
富んでいる
護岸
護岸の底にはゴロタ石が溜まります
また古い護岸や護岸の形状によっては足元のエグレが存在する
これは見ての通り、杭です オダ・杭・ホウキ
立ち木と同じ効果があり
多くの生物ををストックし
それを狙ってバスも集まる
へら杭
へら釣りボート係留の竹杭は
立ち木と同じでバスが付く
へら台
野釣りのへらぶな釣り用の
釣り座で、私設(勝手に設置した)
モノが多い
バスにとって良い隠れ家
テトラポット
エグレ・落ち込みなど
起伏に富んでおりバスの絶好の
隠れ家となる
イケス・係留船
 (大きな浮きモノ)
ブイ・水中のロープなど
 (小さな浮きモノ)

 基本的に影≠ノなる所をバスは好みます。バスに限らず魚食魚は陰に潜んで獲物を待ち受けます。従って上記のストラクチャーの明るい部分より影の部分を重点的に狙うと遭遇率もグンと上がります。
 上記ストラクチャーのほとんどはコケが付いているとバスの捕獲率は段違いに良くなります。新鮮なコケは良質の動物性プランクトンをストックし、それを目当てに多くの小魚などが寄り付きます。バスはそれを狙って寄り付く、というメカニズムです。

 新鮮な水が流れるインレット・アウトレット・湧き水は多くの酸素を水に取り入れるばかりでなく流れ≠ニいう壁を作り、バスにとっては影%ッ様絶好の隠れ家となります。以前はバスは流れが苦手で流されてしまう≠ニいわれていましたが、今では流れが強ければ強いほど大きなストラクチャーとなり大物が寄り付く可能性が高くなるということは常識です。

見逃しがちな沈み杭 このように青々としたコケには良質のプランクトンが良く育つ
河口湖・ポイントウラ漁師名大石茶屋裏=cどんなストラクチャーがあるか、PART 1 釣れない奴は点と線≠ナしか見ていない でバッチリ紹介しています

 ストラクチャーは単体で見るだけでなくその周辺にもっとストラクチャーがないか探してみましょう。もし単体でのみ存在するようであれば探る価値はありますが、さほど執着する価値はないでしょう。周辺を探ってみて上記に当てはまるストラクチャーの数が多ければ多いほどバスの数・型ともに期待できます。有名なA級ポイントはたいがい多くのストラクチャーをストックしているものです。肝心なのはストラクチャーの数を優先させて粘るポイントと流すポイントを分けてテンポ良く移動することです。
 もちろん人知れず存在するA級ポイントも多く存在します。釣れない人の多くはさほどストラクチャーのないところで粘る、ラン&ガンに囚われて超A級ポイントも流してしまうことに原因があるのです。

 

 今までは大まかにバスのいそうな場所を探してきましたがここまで来ればもうバスがいる場所を具体的に絞り込めましたね。次はいよいよ追い込んだバスを引きずり出す手段としてのルアーの使い方を説明します。

 

ルアーローテーションは面≠ゥら点≠ヨ へ

 
バカと呼ばれないための BASS FISHING TOPに戻る