PART. 実釣編
 ・オカッパリで釣れない人はココがいけない

結果を見るまでもない、この女性は釣れません=@なぜかと言うと…

 地形を把握した、ルアーの特性も把握した、バスの居そうなところを絞り込む事もできた。それでも釣れない、という人がいるのではないでしょうか。
「ここで書かれている事は多少の違いがあるけどとっくの昔に知っていて、実際にやってるんだけど釣れねえよ…ウソ書いてんじゃねえの?」
と疑心暗鬼に陥っているバスヤラウの皆さん、これから目からウロコが落ちるような話をしますよ…
 釣れない理由にはまず地形や状況の読み違い≠ェあります。しかしこれは落ち着いて慎重に釣りを組み立てたらすぐに気がつくところです。気づかない場合周りの友達や釣具屋さんなどと話してみるとあっさり解決してしまうこともよくあります。またいわゆるシャッドキル・ウェザー≠ネどの急激な気候の変化は運としか言いようがありません。それなりに反応のあるところを探して、それでもアタリがなかった、他で釣っている人も誰一人として釣れていなければさっさと竿をたたむ勇気も必要です。

 それ以前に確認してほしいことがあります。それは岸辺でどんな体勢を取っているか、ということです。

 釣り場に着いてドタドタ駆けて岸際に突っ立ってルアーをドッポーン…これでは釣れなくて当たり前ですね。なぜならそんなアプローチをしたら振動と音でバスはびっくりして逃げてしまいます。これは別にバスに限らず全ての釣りで言えることで、バスヤラウでも中級者以上になると「そんなの常識」な話です。特にバスは音には敏感でルアーの振動によく反応しますが、それは同時にドタドタ歩いたりすれば過敏に反応して逃げてしまう、ということです。
 しかし「そんなの常識」と偉ぶるバスヤラウでも堂々と岸に立っています。「岸から竿1本分離れているから大丈夫」というのですが、ハッキリ言ってそれだけでは足りません。それで釣れているとしたら、実はもっと釣れる¥況をみすみす潰していると言っていいでしょう。言い換えればかなり損≠しています。

この人は夢中になって立入り禁止の桟橋に乗っかってしまっています 桟橋は乗るものではなく打つ≠烽フで、みすみすチャンスを潰しています
オカッパリのほぼ大多数が仁王立ち≠オて釣りたがりますが、これではサカナを散らして歩いているので釣れるわけがありません(ロッド1本分離れてはいるみたいですけど、水に見事に映りこんでいますね)

 細心の注意を払っているという割に岸スレスレで仁王立ち≠オていてはサカナから丸見えで、かくれんぼで言えばまさに頭隠して尻隠さず≠ナす。もっと言ってしまえば「俺はココだ、ここにいるぞ!」と大声でポイントに叫びながら釣りをしているようなもので、どんなに着水音やルアーの引き方に細心の注意を払っても根本が間違っているので釣れないのです。
 オカッパリの場合座って釣るのが基本です。どっかりとあぐらをかくのもいいですが、機動力が釣果に繋がるバスフィッシングの場合体育座りのようにしゃがむ≠フが一番です。しゃがめば極端な話岸際スレスレまで立ち位置(正確には座り位置)を持ってくることができます。事実私の場合100%岸際にポジションを取っていますが、ここのバスはスレてる≠ニ嘆く事はまるでありません。それはなぜか。

 ここでちょっと小学校の理科の実験≠フような事をしてみました。

 釣りをしているとどうしても人間様中心の考え方から脱却できずにいるために気づかずにいることがやたら多くなります。そこでサカナの立場になって見てみましょう…まず水槽に水を張ります。頃合の良いところまで水を張ったら水槽の底のほうから上を覗き込んでみます。これで理屈の上ではサカナの目線に近くなりました(あとは魚眼レンズで見れば完璧です…ここではそこまで必要ありません)。この時水面を見ると岸際に沿って水面に鏡のようなエリアが生まれているのがハッキリと見て取れます。
 これが水面のミラー効果≠ナす。ここでは撮影用に水槽を用意しましたが、コップに水を入れるだけで充分確認することができます。興味のある方は試してみてください。

河口湖名物雑巾バス=@サイトフィッシングしかしない人はこんなサカナを目の当たりにしても何も感じないのでしょうか

 実はこのミラー効果のおかげで水際スレスレまで近づいてもサカナをびっくりさせないのです。もちろんボーッと突っ立ていたらミラー効果もヘッタクレもなくなります。
 ミラー効果の範囲はサカナのいる位置(深さ)によって変わってきますが、背が低ければ低いほどその範囲にすっぽりと納まります。私の場合身長が176cmあります。今の日本人の体系から考えると男性としてはごく平均的ですが、しゃがめば当然低くなります…ということはしゃがめばそれだけ水面のミラー効果≠フ範囲に隠れる事ができる、ということです。よく「初心者の彼女のほうが釣っちゃってさぁ」とか「子供に釣り負けちゃって…」という話を聞きますが、これは男性より背の低い女性や大人より背の低い子供がたまたま良い塩梅でミラー効果≠フ範囲に入ることができたからなのかもしれません。
 ただし岸に角度がつくと嫌でも水面から高い位置になるので角度のきつい岸では下手に岸から離れるとミラー効果の範囲から外れてサカナに気づかれてしまう可能性が出てきます。従ってオカッパリでは水際スレスレでしゃがんで釣りをするのが大原則となるのです。

 さらに移動する時の話をしましょう。
 最近気になるのが街でも釣り場でもズリッズリッ…≠ニ足を引きずって歩く人がやたら多くなりました。これは偏平足やスリッパ・ミュール・突っ掛けなどの影響、果ては歩かなくなった日本人の脚力低下の顕れと言われています。私が子供の頃こんな歩き方をしたら「だらしがない」と親にひっぱたかれたものですが、釣り場でこれをしているとやはりサカナは釣れません。
 今まで何度も触れてきたことですが、バスは音(波動)には敏感です。どんなに背をかがめても足をズリッズリッ…≠ニ引きずっていてはかがむだけ腰を痛めて損するだけです。これが足を引きずっている本人は意外と気がつかないようで、人に言われて初めて気がつくというケースが多いようです。
 釣り場に行ったら常に意識して脚を上げて歩くようにしてみてください。もしそれで動きがぎこちなくなったり変に脚がつったり脚に余計な筋肉疲労を感じるようでしたら間違いなくあなたは普段足を引きずっています。目指すところは渓流釣り師のイワナ脚≠ナ、決してサカナに悟られないような脚捌きです。

この人は夢中になって立入り禁止の桟橋に乗っかってしまっています 桟橋は乗るものではなく打つ≠烽フで、みすみすチャンスを潰しています

 ここで話したことは恐らく今まで考えもしなかった内容だったことでしょう。メディア等では岸際スレスレで釣る事をタブー視してきただけに定説を覆しており、にわかには信じられないでしょう。しかしこれは私がバスばかりでなくイワナやヤマメ等の渓流魚や東京湾シーバスなどでオカッパリ釣行を重ねて会得したオカッパリの基本的な<Aプローチなので体得して損のない話です。
 さて続いてバスと言えばボートは欠かせないアイテムなので、ボートについてお話をしていく事にします。

 

ボートなら釣れる、という訳ではない へ

 
バカと呼ばれないための BASS FISHING TOPに戻る