PART. 実釣編
 ・ジャンプを封じるテクニック

 生まれて初めてバスを掛けた人はその往生際の悪いファイトにすっかり圧倒され、まるで麻薬常用者のように「もう一度あの引きを楽しみたい」とズブズブと深みにはまっていく…私が見事にバスにはまった経緯はこんなところです。これが最も順当なはまり方だと思っていましたがどうやら最近はそうでもないようでして、釣具屋さんで話をしてもそんな事はない≠ニいう顔をしてボーっと人の話を聞いている奴が意外と多い事。
 最近思うことなのですが、セコイ釣り≠ノ走る連中はそのほとんどがファーストフィッシュによる影響なのではないでしょうか。生まれて初めて「釣りをやってみようかな」とバスフィッシングを始めたは良いが、全く釣れない・または小さいのしか釣れない。初期投資としてかなり良い額の金額が飛んでいっているので辞めるに辞められない。セコイ事をしてようやく釣れるようになったは良いが型は小さく往生際の悪いファイトなど皆無の世界で、むしろやたら金の掛かる雑魚釣り≠ナしかないような釣りしかできていない…そうだとしたら、とても不幸な話です。

ボートを出した、それでも釣れない…ポイントに近づきすぎている場合が多い
フックがかすったショートバイトかちょっかいを出しただけのショートバイトかを判断するにはそれなりに感度の良いロッドが必要です  もしあなたがそんな経緯を辿ってきたとしても、もう心配はいりませんね。何しろ今まで私が言ってきたことを素直に守って実践しているのですから…もし実践していないとしたら、釣れないのは私の責任ではありません。

 釣れるようになったら必ず付いてくるのがバス独特の往生際の悪いファイト≠ナす。シーバスでも似たようなファイトを見せますが、シーバスは大きいもので1メートルクラスにまで達するので、バスのほうが細かく動くのでロッド捌きは忙しくなります。一般的に見ればバスは30cm台のものが最も往生際が悪く、45cm以上になるとトルクで勝負してきます。50cm後半から60cm台になるとフッキングしてからしばらくのんべんだらりと引っ張られ、「あれ?根掛かったかな?」と勘違いするほどです。これはバスがルアーを学習したから≠ニ思い込んでいる人もいるようですが、バス以外のサカナ…トラウトでもシーバスでもカジキでも時として全く同じ反応を示すことから、年を取った大型魚が単に鈍くなって自分が釣られた事に気づいていないと考えるのが正解でしょう。
フックがかすったショートバイトかちょっかいを出しただけのショートバイトかを判断するにはそれなりに感度の良いロッドが必要です

 サカナを掛けた場合、ロッドを絞り込みロッドの反発力でサカナの引きを溜めるようにするのが基本です。引きが強いようだったら無理にリールは巻かず、力が弱くなったところで巻き取ります。実際のファイトではサカナが弱ったと思ったらまた引いてきた、ということが繰り返し起こります。特に大型の場合巻き取る頃合を探りながらロッドでサカナの動きを止めることに専念する事になります。
 往生際の悪いバスは当然上下ばかりでなく左右にも逃げますが、サカナが右に逃げたら左に・左に逃げたら右にロッドを寝かせてロッドの反発力を最大限に引き出してやる必要があります。従って掛けたらラインの動きに集中しないとラインが弛みバラしてしまう恐れが出てきます。
 エバーグリーンやメガバスの竿などは折れやすい≠ニいいますが、ラインとロッドの角度を直角に保っていればまず折れることはありません。しかし慣れていない人の場合煽った瞬間に折れる危険があるのでこの事を理解して実践できない人は手を出さないほうが無難でしょう。

 ファイトの際最もスリリングなのがバスのジャンプ≠ナす。これはエラ洗いと呼ばれている、サカナが針を外そうとして水面を割って飛び跳ねる行為なのです。カジキなどのエラ洗いは豪快で尾ビレでで水面を叩いて何mも走ることがあり、これをテールウォークと呼びます。
 さすがにバスはテールウォークまではしませんが、とにかく良くジャンプします。慣れない人だと豪快にジャンプする姿にあわててしまいバラシてしまいます。実はジャンプする直前ロッドに加わる力がフッ≠ニ軽くなるのですが慣れない人は巻き取る事・やり取りに一生懸命なので気がつかずそのままジャンプをされてバラしてしまう…というのがバラすまでのいきさつです。
 これを封じ込めるにはロッドを寝かして絶対にラインのテンションを緩めてはいけません。場合によってはロッドティップ(先端)を水没させてしまっても良いでしょう。メディアの影響でロッドを真っ直ぐ立ててやり取りするイメージが付いて回りますが、特に初心者の場合最初からロッドを寝かせておくというのも手ですね。
フックがかすったショートバイトかちょっかいを出しただけのショートバイトかを判断するにはそれなりに感度の良いロッドが必要です
フックがかすったショートバイトかちょっかいを出しただけのショートバイトかを判断するにはそれなりに感度の良いロッドが必要です  ここまで話をした事は主に30cm以上のバスについて当てはまる事で当然の事ながらそれ以下のバスには関係のない話です。もし良い型のバスを釣りたければこのロッド捌きをしっかりとマスターして、さらにリールのドラグ調整も完璧に準備しておきましょう。
 正確なドラグ調整にはハカリが必需品で、ラインを柱などに結びロッドを目一杯絞り込みます。この時ヌルヌルとラインが出るように調整するのですが、この時使用しているライン強度の1/3でラインが出て行くように調整するのが基本です。普通のバネ秤だと目盛りを読んでくれる人が必要になりますが、最近では優秀なドラグ・チェッカーが販売されているのでこれを使えばひとりでも計る事ができます。
 

 最近始めたばかりの人ばかりでなくバス暦5年とか10年という人の中にも基本中の基本であるロッドの反発力でサカナを止めるためにロッドを絞り込む≠アとすらできていない人が結構いるものです。そんな人は当然マトモなやり取りなどできるわけがなく、ジャンプなどされたらひとたまりもありません。そこでまずはやり取りの基礎から説明してみました。
 続いて、流れは前後しますが、アタリがあった時のアワセ方をお話しましょう。

 

聞きアワセ≠フテクニック へ

 
バカと呼ばれないための BASS FISHING TOPに戻る