PART. 実釣編
 ・聞きアワセ≠フテクニック

船の上でバタバタ音を立てると、そのノイズは全てバスにダイレクトに伝わります  第2次バスブームの頃JB所属の今江勝克隆トーナメンターの影響で電撃フック≠ネる大アワセが流行りました。彼のルックスと相まって特に初心者バサーにはカッコいい¢カ在に映り、多くの人がマネをしたものでした。しかし今江氏はラバージグに太いラインというタックルで行っていたのでできるアワセであり、真似している人は細いラインで何でもかんでも電撃ー!≠ニばかりに大アワセにアワセるのでラインブレイクが続出しました。

 この時の教訓…「何でもかんでもマネする前に人の話は良く聞きましょう」

 実はアワセひとつ取っても色々なアワセ方があります。ここではアワセ方について少し話をしておきましょう。

 現在のバスフィッシングにおいて大アワセ≠ヘほとんど必要ありません。
 というのも日本のフック(針)メーカーの作る針は化学研磨という特殊な薬品に付けて針先を極限まで鋭くするという作業を行っているので、それこそ触れるだけでしっかり刺さります。

 従って
アワせる時はロッドを持つ手を胸のみぞおちのあたりに引きつけるように引くこれだけで充分なのです。私は刺さりに定評のあるカルティバフックをさらにバーブレスにして貫通力を上げているのでこれで充分ですが、刺さりの悪い針を使っている皆さんはこの限りではありません。

 米国・東海岸のフライフィッシャーの間では大アワセをする人を見かけると「Oh!Bassmaster!」と冷やかすのがお約束≠ネのだそうです。これは繊細なトラウトフィッシングで大アワセをすることを戒めた習慣なのだそうですが、裏側にはバスフィッシングはアメリカ南部の、貧乏で田舎の地域でやる野暮な釣り≠ニせせら笑う東部の人間のイヤラシイ性格を現しているようでもあります。なんだか嫌ですね。

フックがかすったショートバイトかちょっかいを出しただけのショートバイトかを判断するにはそれなりに感度の良いロッドが必要です
フックがかすったショートバイトかちょっかいを出しただけのショートバイトかを判断するにはそれなりに感度の良いロッドが必要です

 しかしどんなに高感度なタックルを使っていてもアタリか何かに引っかかっただけなのか判断に苦しむ事は良くあります。アタリと思わずにやり過ごしてルアーをピックアップしたら見事に目新しい歯形だけが残っていた…それが明らかに自己記録更新サイズだとしたら泣くに泣けません。

 そこで違和感を感じたら聞きアワセ≠ニいうもうひとつのアワセをくれてやります。

 何かに違和感を感じたら先ほどのアワセを入れるとルアーが事の外大きく移動してしまうばかりでなく根掛かりの原因になってしまいます。そこでゆっくりとロッドを煽って反応を見ます。岩やウィードなどのストラクチャーだったらプルン≠ニ外れますがサカナの場合遅かれ早かれズンッ!≠ニ引くので一目瞭然です。

 ミノーやバイブレーション、ジグヘッド等でのスイミングの場合バスはルアーをひったくるように食いついてくるのでアタリは明確、グイッとロッドを引きつけるようにアワせれば充分です。スプリットショットやダウンショット、ラバージグなどのズル引きやスピナーベイトのスローロールでは底のストラクチャーによく引っかかるので聞きアワセ≠ェどうしても必要になります。

 さらに聞きアワセでバスが乗ったら念のためにもう一度ロッドを引きつけてアワせることがあります。この時のアワセを2度アワセ≠ニ呼びます。先ほどものべたとおり日本製のフックは触れるだけで刺さるほどポイント(先端)が鋭いので、実際には2度アワセをくれてやらなくても充分なのですが、釣っている人間の心理としては確実にフッキングさせたい≠ニいう気持ちがあるので心配ならばくれてやるのも良いでしょう。
フックがかすったショートバイトかちょっかいを出しただけのショートバイトかを判断するにはそれなりに感度の良いロッドが必要です
 

 と、ここまで読んでくださった皆さんは確実に釣果を上げている事でしょう。実釣編の最後を締めくくるのは、まさに実際の釣行でイラッ≠ニくるような状況でもサカナを釣ってしまう奥の手です。

 

人の叩いたポイントを釣ってしまうテクニック へ

 
バカと呼ばれないための BASS FISHING TOPに戻る