PART. 実釣編
 ・人の叩いたポイントで釣ってしまうテクニック

 河口湖に行くと以前だったらボートに乗る人もオカッパリの人も「お前はアル中か癲癇か!」と浜田さんに突っ込みを入れてもらいたくなるほど猫も杓子もロッドを揺さぶっている光景が広がっていました。「シェイクが効くんだよぉ」と言っている割には竿が曲がっていない…ところがここ数年状況は変わって猫も杓子もスピナーベイトで、ボートからもボッチャーン、陸からもボッチャーン…ルアーの流行り廃りはあるもので、人が投げるルアーを見ているとそれだけでなにが流行っているかが良く分かります。
 少し釣りに慣れてきた人の中には人と同じルアーでは釣れない、人とは違うルアーを使うのが一番釣れる≠ニ言ってわざと流行のルアーを使わない人が出てきます。これはこれである意味正解で、メーカーが違うだけで同じルアーを流していては見ているバスも飽きてしまいお情けでも喰いついてやろうなんて考えるはずもありません。

ボートを出した、それでも釣れない…ポイントに近づきすぎている場合が多い
フックがかすったショートバイトかちょっかいを出しただけのショートバイトかを判断するにはそれなりに感度の良いロッドが必要です

 しかしもっとバスフィッシングに慣れてくると、人が投げているルアーを利用してガンガン釣ってしまうのです。

 これはあまり言うと皆さんにガンガン釣られてしまって私が釣る分がいなくなってしまうので言いたくなかったのですが、こんな釣り方もあるんだ≠ニ参考にしてください。

 例えばここはワームでしか釣れない≠ニいうフィールドではバス達は間違いなくソフトルアーを見飽きています。こんな所では視覚に訴えるミノーやスピナーベイト、側線(聴覚)に訴えるバイブレーションやクランクベイトなどをポイントにタイトに流すと1発で喰っています。もちろんそのときの活性によりますが、ソフトルアーを使わずにミノーだけで何本も獲ったなんて事は良くあることです。

船の上でバタバタ音を立てると、そのノイズは全てバスにダイレクトに伝わります  また周りでスピナーベイトやバズベイトをガンガン投げているようなところではわざと先に投げさせて「ちぇ、ここにはバスはいない」と去った直後にすかさずジグヘッドやスプリットショット・ダウンショットなどをキャストしてズル引きします。すると「バスがいない」はずのところからバスが釣れてしまい、時には「もういい」と泣きたくなるくらい入れ喰う事があります。
 これは単に見飽きているだけでなくフラッシング効果とバイブレーションですっかりやる気になったバスを獲るための詰め≠フ一手を先行者がやらずに行くからです。活性さえ上がってしまえばこっちのもの、ソフトルアーのちょっとした刺激がバスに喰いつかせるには充分なのです。
 他にもビッグバドが流行った時にはクランクで横取りしたりダウンショットが流行った時にはジグヘッドで頂いたりと、ルアーやリグの特性さえ掴んでしまえば誰かの後から入っても釣る事は充分可能です。特性を掴むということがいかに大切か、ということです。
 

 これで実釣編に関する話はおしまいです。後は皆さんでうまい具合に取り込んで熟成させて自分の釣りスタイルを確立してください。第4章ではバスフィッシングのタックルについてお話します。

 

いいロッドは感度∞軽さ∞頑丈≠ナある へ

 
バカと呼ばれないための BASS FISHING TOPに戻る