Column

バーブレスのススメ

●バーブレスはバレにくい

 私の周りでは、徐々にではありますが、ようやくバーブレスが普及してきました。フライはもちろんの事ソルトルアーや管理釣り場のルアーでも軒並みバーブレスを進んで使っている人が増えています。これは専門雑誌でいかにバーブレスが有効であるかということを力説している影響が最も大きいようで、大変結構な話です。
 しかし残念ながら、エサ釣りとバスフィッシングではまだまだバーブド(カエシのある)フックというダサいものが全盛のようです。エサ釣りは主に持って帰って食う≠スめの釣りが圧倒的に多くサカナを傷つけない≠ニいう基本概念が当てはまらないからですが、バスフィッシングに関しては今や以前のマブナ釣りのように初心者が最初にやる釣り≠ニいう背景があるからでしょう。特に初心者は「カエシがないとバラしそうで怖い」というのがバーブレスを使わない大きな理由のようです。しかしそこに大きな勘違いがあるのです。

image photo
image photo  NPO法人バーブレス普及協会という団体がバーブドとバーブレスのフックでそれぞれ釣り比べサカナをバラす確立を出していますが、圧倒的にバーブレスのほうがサカナをバラシません(詳細は旧バーブレス普及協会HP:活動報告にて)。理由は簡単、フックが刺さるときにバーブが余計な抵抗になるからです。余計な抵抗のないバーブレスはより深く刺さりラインを緩めない限り外れない。特に数釣りが期待できる東京湾のシーバスフィッシングではバーブがあるとフックを外すのが面倒だからという理由でバーブレスが普及しているようですが、思わぬ副産物に驚く人も少なくありません。
 かく言う私はほぼ全ての釣りでバーブレスを実践しており、同行する者にもバーブレスを強制し従わない奴とは釣りをしないと徹底しています。最初は何だかんだ文句を言うのですが、いざ釣ってみると確実にフッキングするのがやめられなくなるようです。

アウトドア&フィッシング ナチュラム

●バーブレスはいい事尽くめ

 最もバーブレスフック使用率の高い釣りは、間違いなくへらぶな釣りでしょう。へらぶなを釣った事のない人は闇雲に難しい釣りと思いがちですが、元々はただのフナなので簡単に束釣り(100尾釣る事)ができます。誰でもバカスカ釣れては面白くない、ということでタナやエサに制限を加えスレを徹底的に排除する(口に掛かってなければカウントしない)等のルールを設けました。それだけにへらぶな釣りは純粋な釣技を競う釣りと言えるのであり、そこが難しいところなのです。
 釣技を競う上でバーブは当然のようになくなりました。カエシの力を借りて釣るのは釣った≠フではなく釣れた≠セけだという考えのようです。実際マジメにへらぶなを釣っている人は「スレバリ(バーブレスフックの事)は良く刺さる」事を良く知っています。
 へらぶなを釣る人のほぼ100%がバーブレスである事は間違いありません。なぜならへらぶなの針はスレバリ以外売っていないからです。

image photo
image photo

 釣技を追求してバーブレスとなったへらぶな釣りと違ってフライではもっと良心的な動機からバーブレスを用いるようになりつつあります。
 ご存知の通り近年渓流魚の存続が危ぶまれている事が背景となり、キャッチ&リリースに加えてサカナに与えるダメージを最小限にすることが第一の目的でバーブレスを導入する人が増えました。私が愛用しているTiemcoのフックでも近年バーブレスが増え、世界的に信頼されているDaiichiのフックは従来品よりカエシが40%小さくなっています。しかしプロと呼ばれる人達への普及率はまだまだのようで、ほとんどのタイイングブックではいまだにカエシのあるフックが写っています(私のタイイングブックでは全てバーブレス)。
 それぞれバーブレスを導入した動機は違いますが、結果的により良く刺さりバレにくい∞釣技を高める∞フックが外しやすい∞サカナへのダメージは最小限≠ニなることに違いはなく、まさにいい事尽くめです。



●地域による温度差

 残念な事に、これだけいい事尽くめでもなおバーブレスを軽視する地域が多いのも事実です。下手をすると「たかが釣りのために何をセコセコと細かいことを抜かしているんだ」と笑う発展途上人も少なくありません。事実バーブレスを実践している比率は圧倒的に都市部に集中しています。
 それも同じ都市部にあって関東圏と関西圏では圧倒的に関東圏のほうが普及率が高いようです。これは関西圏の人がガメツイのではと思われがちですが、実は関東圏の人達のほうがよりメディアなどの情報を鵜呑みにしやすく踊らされやすいという地域性によるものではないかと思われます。同じ情報を与えても関西圏の人は「ホンマかいな」と突っ込みを入れるのがお約束ですが、関東圏の人は権威がある人やそれらしい人が言ったら一発で信じ込んでしまいます。
 このような地域性や県民性がバーブレス普及の障害になっているようです。しかし普及の障害はどうやら県民性の違いだけではないようです。

image photo
image photo  同じ日本でも地方各都市では驚くほどサカナがいる地域があります。例えば札幌や仙台・福岡などではちょっと行けば魚がバカスカ釣れる。それも首都圏では想像もつかないような至近距離で釣れるだけのサカナをストックしていれば、バーブレスなどということ自体アホ臭く感じられます。そんな恵まれた環境にいればサカナはいつでも無限にそこにいて釣りたいときに釣りたいだけ釣れる…もしアナタがそんな環境にいたらバーブレスが云々などと言うでしょうか?
 私に言わせれば釣れるからこそ、食うからこそバーブレス≠ナす。何しろ手返しが早くなり、より打ち込むことができます。何を釣るにせよ魚は打ち込まなければ釣れません。バーブレスは針を持ってクイッ≠ニひねるだけで簡単に外れ、カエシ付の針のような煩わしさから解放されます。ただしエサ釣りの場合はケン付のスレバリが一番いいでしょう。なかなかそのような針は売っていませんが、プライヤーでカエシを潰せば充分です。


●サカナに逃げるチャンスがあってもいいじゃないか

 以前山口県で地元の記者さんとディーゼル規制について話しました。山口県ではディーゼル規制がないので首都圏では走れなくなったディーゼル自家用車がガンガン走っていました。

「なぜディーゼル車を規制しないんでしょうね」と私が言うと
「そりゃ山口は自然が多くて空気がきれいだから必要ないんですよ」との答え。
「でもキレイなものをわざわざ汚くする必要もないですよね?」
と聞くと彼はしばらく黙って考え込み、こう答えました
「なるほど、その通りだ」と。

 ディーゼル規制ほど深刻ではありませんが、バーブレスの普及もどこか似通ったところがあるような気がしてならないのです。

image photo
image photo

 確かに今は豊かな自然のおかげでサカナの数が多いとしても多くの釣り人が心無い釣りをしていればたちまちサカナはいなくなります。閉塞的な内水面(河川湖沼)では特に顕著に現れてしまいます。もちろんバーブドで釣ったからサカナがすぐにいなくなるということはありませんが、じわじわと真綿で首を絞めるような行為が最も残酷なことです。人間は失って初めて失ったものの大切さが分かり後悔する生き物のようです。どんなに偉そうな事を言っても所詮釣りは遊びです。同じ遊ぶなら末永く遊びたいものです。
 バーブレスを使っていると腕が未熟であればバラシてしまいます。昔のウィスキーのCMでサカナをバラシた釣り人が子供に「サカナに逃げるチャンスがあってもいいじゃないか」と言うセリフがありました。
 思いやりや愛情といった、釣り人の心の現われのひとつががバーブレスではないでしょうか。



all photographs are reserved by URARYOUSHI