Home/ Top/ Contact
 



 
   EMUS 9005 #5 3pcs. 1top / EMUS 9006 #6 3pcs. 1top
    / EMUS 9008 #8 3pcs. 1top / EMUS 90010 #10 3pcs. 1top
 
● 総漆塗りリール・シート
詳細はこちら
● Flor Plus コルク・グリップ
パーツ詳細はこちら
● アルミ・ロッドケース/クロスバック
付属品詳細はこちら
 
 
 
● 3ピース ● LINE:DT5 ● GRIP LENGTH 254mm ● ROD WT. 322.9g.
HARDY “PARAKONA” をベースにブリティッシュ・スタイルを意識しつつ扱いやすいウェット・ロッドにモディファイ。ひと言で言えば「重い、古臭い竿」ですが、ウェットのスイング&ターンでトラウトと対峙する際この重くてモッタリとした感じがモノを言います。
漆を施したためにブランク本来のレスポンスを維持、飾り巻きによる反発力補強を必要とせずウェット・ロッドにしては軽快な振り抜けが心地良いロッドです。#5は50p程度のヤマメ(ギンケ)をターゲットとしており、さほど雪代の影響を受けない小・中規模河川での使用や#10〜程度のスモール・ウェットでのスイング&ターンに適しています。

パラボリック・テーパー/モデラート・アクション。
⇒ テーパー詳細はこちら
 最終プロトタイプ価格
柿渋下地/ 塗立梨地漆仕上げ \70.000- 
生正味漆下地/ 生正味漆塗り立て仕上げ
\80.000- 
生正味漆下地/ 透かし朱溜塗り仕上げ
\90.000- 
 
● 3ピース ● LINE:DT6 ● GRIP LENGTH 254mm ● ROD WT. g.
年代で少々キャラクターの違う Hardy “PARAKONA” のテーパー・データの中から最も日本のウェットに適したデータをセレクト。これをベースにモディファイしたモデルです。
#5では太刀打ちできないような増水やガンガン瀬、向かい風に立ち向かうためにブランク全体を補強したのが#6。また#5でこなせない事はない#10程度のカディスのフラッタリングではこの#6のほうがよりストレスに悩まされる事なくアタックする事ができます。
#5の予備というイメージがありますが、大型化しイワナとの遭遇率が高い河川や南東北太平洋側の中規模河川ではむしろこの#6をメインとしてお勧めしています。

パラボリック・テーパー/モデラート・アクション。
⇒ テーパー詳細はこちら
 最終プロトタイプ価格
柿渋下地/ 塗立梨地漆仕上げ \80.000- 
生正味漆下地/ 生正味漆塗り立て仕上げ
\90.000- 
生正味漆下地/ 透かし朱溜塗り仕上げ
\100.000- 
 
● 3ピース ● LINE:DT8 ● GRIP LENGTH 254mm ● ROD WT. 106.1g.
名竿 Hardy “PARAKONA” は年代によって微妙にテーパーが違っています。製作時期によって進化してきた PARAKONA の中から特に扱いやすくウェットを流しやすくサカナを乗せやすいテーパーをセレクトし、さらに日本での使用を考慮に入れたモディファイを施しています。
#8はサクラマス(サツキマス)の基準である番手で、中〜大規模河川ではこれ1本あればワンシーズン通して楽しめます。一部のウェット・マニアが偏執的に支持するロッドと比較するとより手元から曲がるテーパーが特徴の、これからウェットを始めるという方でもタイミングが取りやすくとっつきやすいロッドに仕上がっています。

パラボリック・テーパー/モデラート・アクション。
⇒ テーパー詳細はこちら
 最終プロトタイプ価格
柿渋下地/ 塗立梨地漆仕上げ \90.000- 
生正味漆下地/ 生正味漆塗り立て仕上げ
\100.000- 
生正味漆下地/ 透かし朱溜塗り仕上げ
\110.000- 
 
● 3ピース ● LINE:DT10 ● GRIP LENGTH 254mm ● ROD WT.
Hardy “PARAKONA” の中から特に扱いやすくウェットを流しやすくサカナを乗せやすいテーパーをセレクトし、さらに日本での使用を考慮に入れたモディファイを施しています。
大型河川の本流である程度の飛距離を確保したい、雪代で重い流れにラインを絡めていきたい、フィールドの地理的状況から風が強い、などの悪条件かに置かれた時に持っておきたい番手です。さらに期間限定・許可制で釣る事のできるサケを狙う際威力を発揮するロッドです。また平常時の一般河川でもガンガン瀬に果敢にフライを通して積極的にグッド・コンディションを引き抜くスタイルの“パワー・ウェット”でも流れに負けないポテンシャルを堪能できます。

パラボリック・テーパー/モデラート・アクション。
⇒ テーパー詳細はこちら
 最終プロトタイプ価格
柿渋下地/ 塗立梨地漆仕上げ \100.000- 
生正味漆下地/ 生正味漆塗り立て仕上げ
\110.000- 
生正味漆下地/ 透かし朱溜塗り仕上げ
\120.000- 
Copyright (C) 2008 URARYOUSHI All Rights Reserved Home/ Top/ Contact