Home/ Top/ Contact
 



 
   ICANKOT 6623 #2-3 2pcs. 1top / ICANKOT 7023 #2-3 2pcs. 1top
   / ICANKOT 7323 #2-3 2pcs. 1top / ICANKOT 7623 #2-3 2pcs. 1top

   ICANKOT “貞山” #3-4 2pcs. 1top
 
● 総漆塗りリール・シート
詳細はこちら
● Flor Plus コルク・グリップ
パーツ詳細はこちら
● アルミ・ロッドケース/クロスバック
付属品詳細はこちら
 
 
 
● 2ピース ● LINE:DT2/3 ● GRIP LENGTH 143mm ● ROD WT. 74.0g.
ICANKOT は基本的にドライ・フライを楽しむために作製したロッドです。
LEONARD “ACM” をベースに日本のヤマメ用にモディファイ、ドライ・フライ・ロッドらしいファスト寄りのテーパーを思い切りパラボリックなアクションに仕上げる事で20p程度のヤマメが掛かっても「ズン!」と手元に伝わるほど。反面ドライ・フライ・テーパーと漆特有の“1本芯が残った”ようなフィーリングはキャストを容易にしてくれます。
とても刺激的なロッドであるこのシリーズの中でも6’06”という長さは全体にコンパクトである分サカナの挙動がよりダイレクトに伝わるため、シリーズ中最も刺激的と言えます。PENAUNPET ほどの短さは要らないが、ミッジの季節や中小規模の渓流で使用するのに適した手頃なチョイ短いロッドで、全体がコンパクトに纏まっている分シリーズ中最も張りを感じるロッドです。
ミッド・ファスト・テーパー/パラボリック・アクション。
⇒ テーパー詳細はこちら
 
● 2ピース ● LINE:DT2/3 ● GRIP LENGTH 143mm ● ROD WT. 93.0g.
LEONARD “ACM” をベースにモディファイした ICANKOT はヤマメはもちろん外道のアブラバヤが掛かっても「ズン!」と手元に伝わる繊細さとキャストにストレスを与えないドライ・フライ・テーパーが心地良い、ドライ・フライで釣り上がるのが楽しくなる“超刺激的”なロッドです。
7’00” はいわゆる“オールマイティ・レングス”で、川幅1m程度の小渓流から里川を広くカバーしていて、ミッジングの季節の至近戦から盛期の釣り上がり、ちょっと頑張ってひとつ上の瀬を狙うハイプレッシャー時まで広く対応。さらにリスト(手首の返し)を利用した穂先でのキャストにも対応しているので、初めてバンブー・ロッドを手にする人にもうってつけです。
なおICANKOTシリーズのテーパー・デザインを構築する際基準としたのが7’00”で、このレングスからバリエーションとして6’06”、7’03”、7’06”に枝分かれしています。
ミッド・ファスト・テーパー/パラボリック・アクション。
⇒ テーパー詳細はこちら
 
● 2ピース ● LINE:DT2/3 ● GRIP LENGTH 143mm ● ROD WT. 106.1g.
LEONARD “ACM” をベースにモディファイした ICANKOT は刺激的なほどの繊細さとキャスト性能を確保したドライ・フライ・テーパーを共存させた“ヤマメ竿”です。
流れを交わすメンディングとある程度のロング・ティペットを加えるのに7’00”では少々心もとない、そう感じる人は7’06”を選択します。しかし元来重量のあるトンキン・ケーンで作製したロッドの宿命でロング・レングス化によってティップが重く感じる…これを解消するために設定したのが7’03”という半端レングス。7’00”に肉薄する軽快さと7’06”に迫るメンディング能力を実現しています。
7’06”との決定的な差はルースニングを含むニンフ・フィッシングには不向きである、という点で、7’03”は飽くまでもドライ・フライ・ロッドです。
ミッド・ファスト・テーパー/パラボリック・アクション。
⇒ テーパー詳細はこちら
 
● 2ピース ● LINE:DT2/3 ● GRIP LENGTH 143mm ● ROD WT.
LEONARD “ACM” をベースにモディファイした渓流ヤマメ・ロッド ICANKOT はドライ・フライで刺激的にヤマメを釣るためのロッドです。
千変万化する渓流ではどうしてもドライでは釣れない日という瞬間に当たってしまう事も珍しくありません。そんな時活躍するのがニンフですが、他の ICANKOT シリーズでもニンフを扱えない事はありませんがどうしてもメンディングやアウトリガーを行おうとすると軽快に釣り上がるために程よく詰めたロッド・レングスが仇となります。そこで普段はドライ・フライで釣りつつ悪条件下ではアウトリガーやインジケーターのニンフ・フィッシングにスイッチできる 7’06” を用意しました。
他の ICANKOT と比較するとティップに重さを感じますが、1本のロッドでドライ・フライもニンフもこなせるロッドです。
ミッド・ファスト・テーパー/パラボリック・アクション。
⇒ テーパー詳細はこちら
 
● 2ピース ● LINE:DT3/4 ● GRIP LENGTH 143mm ● ROD WT.
ICANKOT をベースに、釣り味を多少犠牲にしても掛けたサカナは手早くネットに収め、1尾でも多くサカナを掛けていく「仙台釣法」に対応した特別仕様が“貞山”です。特別仕様にふさわしい黒呂色漆から朱漆が垣間見える曙塗りで仕上げ、他のモデルとは明らかに性格を異にする「実釣以外の装飾」を施したモデルです。
もちろん仕上げ塗りが突飛であるだけのモデルではなく、 ICANKOT をベースに他の数種類のテーパー・データを組み合わせ、仙台釣法に対応した乗せやすいティップと粘りのあるバットそれにピンポイントにフライを打ち込むアキュラシーを重視した“積極的に掛けて獲る”“攻撃的な”ロッドです。
宮城県仙台市・中野釣具店でのみ取扱。
ミッド・ファスト・テーパー/ミッド・スロー・アクション。
⇒ テーパー詳細はこちら
 
ICANKOT "貞山" は仙台・中野釣具店専用設計のため、プロトタイプ販売並びにダイレクト・オーダーは致しません。ご注文は 中野釣具店Web Shop(全国発送対応) よりオーダー下さい。
 
Copyright (C) 2008 URARYOUSHI All Rights Reserved Home/ Top/ Contact