松島湾

石巻港

塩釜港
    貞山堀(御船入新堀)

大倉ダム

七ヶ宿ダム

釜房ダム

鳴子の渓流

仙台市内の野池

松島の野池

広瀬川上流域

名取川上流域

貞山掘

閖上港(名取川河口域)

広瀬川中・下流域

志津川の渓流

加瀬沼

南川ダム

貞山掘

樽水ダム

 

 私が拘って通っている仙台を中心にした宮城県のフィールドです。
 距離にして450km・東京〜京都間ぐらいありますが、東北自動車道で4時間半・東北新幹線やまびこMAXを使えば1時間強で着いてしまいます。
 関東のトラウトファンは信州派≠ニ東北派≠ニ大きく分かれます。東北派の人のほとんどは雑誌でよく紹介される岩手・秋田・山形に通い仙台に目もくれません。それは仙台の情報がほとんど入らないことと仙台が日本人の原風景≠ナある牧歌的な農村とは結びつかない都市であることが原因なのでしょう。
 それだけに仙台は盲点で、まさか市街地で70UPのサクラマスやネイティブ・レインボーが釣れるなどと夢にも思いつかない。多くの河川をストックし、その多くにヤマメやイワナを湛えているところだけを見てもさすがトラウトの聖地と頷ける。

 

 仙台の釣りモノはトラウトばかりではない。バスやライギョの魚影も濃く、非公式ではあるがバス70UP(!)の報告もある。実際私も過去に64cmのバスをオカッパリ野池で揚げている。海に目を転ずれば現在全国的に名の知れ渡った仙台のカレイ釣り≠ェ楽しめるし、松島辺りは田辺哲男氏が惚れ込むほどマゴチの魚影が濃い。アイナメやソイなどの根魚ゲームも熱く、釣りモノには事欠かない。
 これは意外と知られていない話だが、世界3大漁場である三陸沖(仙台では金華山沖と呼ぶ)を望む仙台ではシイラは外道も外道とバカにされる傾向が強い。というのもシイラはカジキの外道であり、三陸沖ではハワイさながらのマーリンゲームが楽しめるからです。