桂川・都留地区

桂川・都留地区

River-Katsura Tsuru Aeria

River-Katsura Tsuru Aeria
 
▼川茂堰堤〜城山温泉
 
▼法泉寺〜鹿留(ししどめ)川合流点
アウトドア&フィッシング ナチュラム
 
▼富士見橋〜寿堰堤(西桂地区)
シマンテックダウンロードストア 468x60

●桂川・都留地区
 相模川上流部は桂川と名前を変え、山梨県都留市を横切って相模湖に注がれます。水源となる山中湖も忍野地区も富士山の湧水を水源をしているので、相模川自体が実は国内でも数少ないスプリング・クリークということになります。
 水源である忍野地区は全国にその名を轟かせるトラウト・リバー≠ニして有名ですが、ここで紹介している都留地区もトラウトリバーとして有名です。環境保全が行き届いて(それでも最近はかなり荒廃しているという噂を聞くが)観光地化されている忍野地区と違い市街地を横切っている桂川本流は両面護岸・生活廃水や不法投棄の影響でお世辞にも風光明媚でキレイな川とは呼べない。それでもトラウトの放流は毎年積極的に行われていて首都圏から最も近い大型トラウトが釣れる<tィールドとしてコアな人気を博しています。
 一般的には4〜6番タックルでのドライフライ〜ニンフの釣りやルアー・フィッシングまたは手竿でのエサ釣りになりますが、ウラ漁師的にはプールや深瀬はスペイのフィールド∞フリーストーンや浅瀬はフォルスキャスト≠ニして楽しんでいます。元々フィッシング・プレッシャーが高いエリアなだけにそれなりに一工夫する事が必要です。
 夏にはアユ釣りが盛んになるのでトラウトは西桂地区での釣行がメインになります。くれぐれもアユ師とのトラブルには注意してください。
 なお十日市場駅そば(法泉寺〜鹿留川)の田原の滝は自殺の名所として地元では有名で、地元の人間はまず入らないといういわく付のポイントです。それだけに入ればバカみたいに釣れるのですが、サカナばかりでなく余計なものまで釣ってしまう可能性があるのでお勧めしません。