●総合釣具メーカー
ロッド・リール・ライン(へらぶな)・小物…ここなら大丈夫と安心できるのがシマノの強みです シマノのホームページ。私のタックルのほとんどがここの製品です。が、シマノとはテスター契約もしていなければ宣伝費も頂いていません。いいものって人に薦めたくなるでしょ?
●ルアーとフライのメーカー
日本のフライの老舗です お菓子はグリコ・エレキギターはグレコ・フライはティムコですな(意味なし) 何だかんだとティムコさんにはお世話になっています。オービス・フェンウィック・ループ・TMCフック・フォックスファイア・ドライシェイク・メッツ…ね、なくなったらすごく困る会社でしょ?
アキスコ(ルアー)・アングル(フライ)はこちらから
ルアーのアングル・フライのアキスコはこちらから。エアーライトやマテリアルを広く扱っているせいかフライのイメージが強いのは私だけの感想でしょうか。
このところバスの釣果はラパラかここのパニッシュばかりがあげています
ルアーとフライの老舗のひとつでウラ漁師の必需品パニッシュ≠ヘここで製造されています。スミスのMarryat<Vリーズは根強いファンが多いようです。
●フック(釣り針)メーカー
恐ろしく刺さるカッティングポイントはオーナーばりだけ 実はTMCフックはここが作っている。 私はオーナーばりしか使っていません。他のメーカーも使い倒しましたが必要最小限に小さいカエシはすぐにバーブレスにできてゲームフィッシング向き。実はTMCフックはここで作っています。
●ライン(釣り糸)メーカー
「机の角で2000回しごいても切れないライン」で有名なアプロードGT−Rシリーズのサンヨーナイロンはウラ漁師のメインライン シマノのDURA<Vリーズもここが作っています GT−Rをはじめとした耐磨耗にすこぶる強いナイロンラインを製造しているサンヨー・ナイロンさんはウラ漁師のメイン・ラインです。シマノのデュラ・ラインをOEM生産しているのもここ。
サンラインです ここのPEとフロロは相変わらず使っています 下野正希・並木敏成のラインといったらピンと来るのではないでしょうか。低伸度ナイロンのパイオニアでウラ漁師的にはフロロとPEラインでメインに使用しています。
フジノのラインは私のフライ(リーダー・ティペット)・へらの底釣り・磯釣りでメインになりつつあります。 神奈川県・厚木にある小さなラインメーカーですがウラ漁師のメインリーダー&ティペット(フライ)です。硬いのにしなやかで水馴染みがいい。やれフロロだやれPEだとうるさい、違いの分かる人にこそ使って欲しい。
根ズレに強いフロロが使いたい…シーガー・ラインは磯釣りばかりでなくあらゆる釣りで使用します
サランラップのクレハです。釣りのラインはシーガー、リバージを製造しています。磯釣りなどではフジノさんに移行しつつありますが、流通量の差と信頼度から押さえ≠ナ使用しています。
●釣りエサメーカー
マルキューです ノリーズ・エコギアのホームページもこちらから なくなったら困るのはここもそうですね。練りエサといえばマルキューですよ。最近ではノリーズやエコギアにも力を入れているので馴染み深い人も多いのではないでしょうか。
●ルアーメーカー 及び 輸入代理店
ラパラの英文サイト 日本で扱われていないラパラ製品も多数掲載 ルアーでラパラがなくなったら、これまた困ります。古くはバスやトラウトの、最近ではシーバスやロックフィッシュなどの黎明期のルアーフィッシング開拓で必ず投げられたのがラパラです。英文サイト。
ラパラ日本代理店 関東ではまだツネミさんが扱っているのかな? 「キミ、ラパラ何キロ持ってる?」正直言ってラパラを持っていないルアーマンはかなり損しています。これを投げて釣れなければ魚はいないと確信の持てる数少ないルアーです。日本総代理店サイト。
ラッキークラフト 結構いい思いをさせてもらっています ただしミノーだけ ラパラがないと釣りにならないけど、ラッキークラフトがないとかなり不利な釣りになりますね。一時期入手困難ルアーだったんですけど、今ではガンガン使い倒せます…ルアーはこうでなくちゃ♪
オフトです とにかくルアーに強いところですね へドン・レーベル・ボーマーなどのプラドコ製品を扱っているのがオフトさんです。ちなみにBomberをボーマーとしたのはミラクルジム・村田基さんなんだって。
●フライメーカー 及び 輸入代理店
CNDは安くて良質なスペイ専用ダブルハンド・フライロッドを作っています。 マニアックと言えばここもそうなりますね。フライで近年ブームになりつつあるスペイキャスト専用のロッドメーカーです。代表はスコットランド・ダイワでロッホモア・アルトモアの設計に携わっていた野寺宣男氏。
最近火を吹くフライ代理店…最近ホワイティング以外のハックルを見つけるほうが大変です スコット、ホワイティング、アクションオプティクスなどの代理店です。近年ティムコさんに追いつけ追い越せの勢いがありますが、ウラ漁師的にはハックルでお世話になっています。
ダイナ・キング 英文サイト
世界で最も使われていると言うダイナキングのホームページ。英文ですので英語が堪能な方向き。苦手な方はウラ漁師の小部屋<gップページ最下段に日本語変換サイト(Google日本語変換リンク)が見られます。
今やC&Fはフライボックスの代表格です 2005年度からG.ルーミスの正規代理店になったそうですよ 以前のフライボックスは3Mシステムフライボックスかホイットレーと相場は決まっていました。しかし軽量で整然とフライを並べることのできるここのフライボックスは一気にメジャーなフライボックスになりました。
ウィンストン、マキシマ、リー・ウルフ、ダイイチ・フック、エンジェルヘアー、ハンター…のめり込めばのめり込むほど欲しくなるアイテム凝縮のT’sさんです ウェット・フライにハマっていくとどうしてもここの商品は喉から手が出るほど欲しくなります。ウィンストン正規輸入代理店ですが、ウラ漁師的にはRod Of Scottland≠ェ気になってなりません。
●タックルボックス・メーカー
プラノ 英文サイト ルアーのタックルボックスと言えばプラノですね。何しろ頑丈で防水もしっかりしています。私はバスばかりでなくへらバッグにも使用しています。日本語サイトが見つけられなかったので英文サイトです。
リングスター ビートルズのドラマーと言うのは手垢にまみれたジョークです タックルボックスと言えばプラノですが、結構大雑把にできていて何となくもったいないスペースが気になりました。村田基プロデュースのリングスターはより細かく仕切りを区切る事ができて感動したものです。