●プラグ・チューンアップ編 〜 深く刺さるフック交換
 
せっかっく掛けたサカナをバラすと悔しいなんてものではない。
バラす理由で最も多いのはフッキングが甘かった
すなわち フックの刺さりが浅かった ということです。
ここでは徹底的に深く刺さる=バラさないための処理≠ノ
徹したフック交換を紹介します。
 
1) 細軸のフックを選ぶ
 軸の太いフックは頑丈である反面刺さるときに生じる抵抗は大きい…従って抵抗の小さい細軸フックを選びます。
 細軸にする場合1番手大きなフックにすることが基本です(カルティバ・スティンガートリプルフック・ST34BL#10からST11に交換する場合#8にする)。
2) バーブレスにする
 フックに施されているバーブ(カエシ)は刺さる時に抵抗になります。邪魔なのでプライヤー(ラジオペンチ)で潰してしまいます。
 既製品でバーブレスがあれば購入すると手っ取り早い。
3) フックを交換して完成
 基礎の基礎の手順通りにフックを交換して完成。
 
iconicon [PR] スティンガートリプルフック ST36BC icon
 ウラ漁師勝手に公認トリプル(トレブル)フック。バスフィッシングからチューブフライまで幅広く使用しています。深く刺さることで定評のあるカルティバ・フックですが、極限まで小さなバーブはプライヤーで簡単に潰せるのが何よりもゲームフィッシング向き。やや軸に向いたストレート・フックポイントは小さな力でザックリ刺さるので全てのルアーの基本として使用しています。
 また「フックは消耗品」という観点からソルトゲームでもこれを使用しています。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
B.ワーム・フックでも同様
 フックの理屈は全く同じなのでジグヘッドやワームフックでもあらかじめフト軸のものと細軸のものをストックしておくとあらゆるステージに対応できます。
 
iconicon [PR] オカッパリバーブレス B−92 icon
 ウラ漁師勝手に公認ソフトルアー(ワーム)フック。ソフトルアーで伸ばすフィッシングの基準としている太さと形状で、これでフッキングができない場合はこれより細い軸のフックに交換し、それでもダメな場合はサイズを小さくしていきます。
 長いことバーブレスは販売されていませんでしたが、ようやく最近定番オカッパリフックにもバーブレスが販売されるようになりました。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
[PR] FC2フォームレンタル [PR] 楽天市場 [PR] 着うた新曲続々…