●プラグ・チューンアップ編 〜 より派手に泳がせるフック調整
 
同じメーカーの同じモデルのプラグでも
チューン次第でより派手にもより地味にも
泳がせる事ができます。
ここではより派手プラグを泳がせる
改造術を紹介します。
 
1) 細軸のフックを選ぶ
 基本的にはフックサイズを小さくすればフックの重量が軽くなり、ルアーの泳ぎは抵抗が小さくなり泳ぎ自体が派手になります。
 ただしプラグのボディより幅の狭いフックの交換するとフッキングが極端に悪くなります。
 そこで同じサイズでも細軸にすると、フックの重量が軽くなるうえに軸に掛かる水圧が軽くなるので泳ぎは派手になります。さらに泳ぎを派手にしたい場合はプラグのボディ幅ギリギリの幅になるフックを選び、装着します。
 
iconicon [PR] スティンガートリプル ST−11 icon
 ウラ漁師勝手に公認トリプル(トレブル)フック。メーカーではトラウト用≠ニ販売していますが、バスやライト・ソルトでも充分すぎるほど使用できます。カルティバの中で最も細い軸を持つこのフックは容赦なく深く刺さります。細軸なだけに大物を3本も掛けたらご臨終、なので予備を持って歩くのが基本です。残念な事にバーブレスはいまだに販売されていないので今後の展開に期待したいところです。
 またシーバス程度のソルトゲームでも容赦なくこれを使用しています。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
2) スプリット・リングを小さくする
 さらに派手に泳がせたい時はスプリット・リングを小さくして、ルアーにぶら下がる重さを徹底的に軽量化ます。
 基本的にはプラグに掛かる重さを徹底的に減量する℃魔ナより自由に泳がせる、というのがキモです。
 
iconicon [PR] スティンガートリプル STBL−1.56BC icon
 ウラ漁師勝手に公認トリプルフック。細軸ですがST−11より若干太い軸でメーカーは管理釣り場や渓流向け≠ニ言っていますが、まさにバスフィッシング向けの理想的なフックです。ST−11より若干太い軸なので大物を掛けても安心ですが、さすがに刺さりとなるとバーブレスにしたST−11には若干劣ります。
 それでも最盛期のバスフィッシングやシーバスフィッシングでは重宝するバーブレスは使い勝手が良い。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
[PR] 格安航空券なら割チケ.jp [PR] おすすめフォームレンタル [PR] 神戸の携帯改造職人