●プラグ・チューンアップ編 〜 より地味に泳がせるフック調整
 
同じメーカーの同じモデルのプラグでも
チューン次第でより派手にもより地味にも
泳がせる事ができます。
ここではより地味にプラグを泳がせる
改造術を紹介します。
 
1) 太軸のフックを選ぶ
 基本的にはフックサイズを大きくすればフックの重量が重くなり、ルアーの泳ぎは抵抗が大きくなり泳ぎ自体が地味になります。
2) スプリット・リングを大きくする
 また太軸やサイズの大きいスプリット・リングを装着してもルアーの泳ぎを抑えることができます。
 
iconicon [PR] ウォーターランド スーパースナップ icon
 ウラ漁師勝手に次期公認スナップ。ご存知王様・村田基氏のメーカーですが、基本的にはオーナーばりのOEMです。一般的なスナップより太い軸のスナップで、大物に対応する反面重量が若干重くなると言う正確を持っています。
 バスでも大物に余裕で対応し、ソルトウォーターでも幅広く使用で見る強度は折り紙つきです。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
3) スナップを太くする
 さらに泳ぎを抑えるには外周の直径の狭いスナップに交換すると泳ぎを抑え、地味な泳ぎになります。ただし単純に小さくすると郷土も落ちるので軸の太いスナップに変えます。
 
iconicon [PR] オーナーばり スプリットリングハイパーワイヤー P−12 icon
 一般的なスプリット・リングより太軸で平打ち加工がなされたリングです。バスやトラウトはもちろんシーバスやシイラ、ボートジギングにも対応する強度で、大物ハンターは要チェックです。
 フック交換のときにパチン!≠ニ元に戻る様を見ただけで充分すぎるほどの強度を実感する事ができます。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
[PR] 格安航空券なら割チケ.jp [PR] おすすめフォームレンタル [PR] 神戸の携帯改造職人