●プラグ・チューンアップ編 〜 根掛かりしづらいプラグ・チューン
 
ハードルアーを使用して最も悔しい思いをするのは
根掛かりで泣く泣くルアーを諦める事。
困ったことにサカナはたいてい根掛かりしそうなところに潜んでいるので
まずは根掛かりを回避するテクニックを身につける、
それでもダメならプラグに根掛からない工夫を加えてやると
今まで以上に大胆に攻めることができるようになります。
 
1) 一般的なチューン…ダブル・フック交換
 一般的な根掛かり回避チューンは装着しているトリプルフックと同じ番手のダブルフックに交換することです。この交換は根掛かり回避には絶大な効果がある反面フッキングが甘くなる∞バラす確率が高くなる≠ニいうデメリットもあります。
 私は個人的にはこのチューンはほとんど施しません。
2) より突っ込んだチューン…シングルフック交換
 装着しているトレブルフックよりワンサイズ上のシングル・フックに交換すると根掛かり回避能力が向上するばかりではなく、フッキング能力が格段に向上します。
 
iconicon [PR] ラナキーニワークス ドルクスフック トラウト シングル icon
 シングル遊動フックは自由にフックが動いてくれるので根掛かり回避能力は絶大で、アワセた時のパワーが1点のフックポイントに集中するシングルフックはバラシを激減させてくれます。トラウトの管理釣り場では一般的ですが、もちろんバスフィッシングやその他の釣りでもその威力は絶大です。
 最初はちゃんとフッキングするのかな?≠ニ不安を感じますが、いざ使ってみると病みつきになるのがシングル遊動フックシステムです。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
3) さらに突っ込んだチューン…シングル遊動フック
 さらにシングルフックを遊動式のものにすることでフッキング能力は格段に向上します。
 
iconicon [PR] オーナーばり OH ダブルフック31 SD−31 icon
 理論的に言えばダブルフックはトリプルフックより良く刺さりシングルフックほどではない刺さり方のはずですが、実際にはトリプルフックよりフッキングは良くない、バラシの確立の大きい事を実感するはずです。それは単にフックポイントが全て上にあるからで、活性が今ひとつの時にはバラす原因になってしまいます。
 それでもスナッグレス性は1番で、これでないと釣りが成立しないというコアなファンがいるほどです。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
[PR] 格安航空券なら割チケ.jp [PR] おすすめフォームレンタル [PR] 神戸の携帯改造職人