●フロッグ・チューン 〜 即席チューン
 
フロッグ(スナッグレス・プラグ)は特に密度の濃い水生植物で
威力を発揮しますが、
メディアからの先入観のせいで水生植物専門ルアー≠ニ
思い込んでそれ以外では使用しない人が多いのが現状です。
しかしその構造から根掛かりが心配な障害物周りでは最強のルアーで
もっと色々なステージで使ってもらいたいルアーです。

ここではパッケージから出して
とりあえず使える<泣Aーにするべく
チューンする方法を紹介します。
 
1) 即席チューンで必要なツール
・針金 もしくは20ポンドテストのナイロンライン
・フロッグ専用接着剤 もしくはアクアシール(ウェーダーの補修剤)
・プライヤー(ラジオペンチ)、カッター、裁縫用の針
 
iconicon [PR] ウィップラッシュファクトリー P.O.RX P05 icon
 フラットベリーでヒシの上を這い回る小型モデル。立ち気味にチューンすると、フラットベリー特有の、少し浮き上がるようなドッグウォークを展開する。サイズ的にライヒーやバスにも好適。
 特にバスを狙う人は何かに取り憑かれたかのようにリアルカラー≠欲しがりますが、周囲に溶け込んでどこに投げたか分からなくなる≠ニフッキングのタイミングを逸してしまうので見つけやすい派手なカラーが基本です。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
2) 即席チューン 手順
 フロッグの内部に水が侵入する事を防ぐためにアイ直後を針金もしくはナイロンラインできつく縛る。力を入れすぎてボディが切れないように注意。
 アイ周辺をコーティングするようにフロッグ専用接着剤もしくはアクアシールをムラなくまんべんなく塗る。この作業のおかげでアイ周辺が完全防水となります。
 テイル側の穴をフロッグ専用接着剤もしくはアクアシールで穴埋めする。
 アイに串などを通して適当なところに吊るし、12時間乾燥させる。
 接着剤が乾いたら裁縫針をライターであぶり、針に熱を持っているうちにお尻に穴を開けて完成。バスが喰らいついた時のための空気穴になるのでできるだけ小さい穴が理想的。
 お尻に穴を開けるとどうしてもそこから水が浸入してしまいます。より防水性を重視する方はフロッグの頭に2・3mmほどの切れ込みを入れて空気穴を作ります(もちろんこの処理を施すならお尻に穴は開けない)。
 
iconicon [PR] バレーヒル フックホールシーラー icon
 フロッグやラットといったスナッグレス・プラグ≠フ改造・補修用に開発された専用接着剤です。
 これが発売される以前は乾燥しても伸縮性が確保できるという理由からウェーダーの補修剤アクアシール≠ェ一般的に使われましたが、残念なことに強度が今ひとつで使い倒していると接着部分が剥がれてしまいました。これは伸縮性は確保しながら接着強度も確保するというスナッグレス・プラグには理想的な接着剤です。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
[PR] 【TSUTAYA online】CD通販 [PR] Universal Studios Japan [PR] 株式会社USEN