●フロッグ・チューン 〜 簡単チューン
 
フロッグ(スナッグレス・プラグ)は特に密度の濃い水生植物で
威力を発揮しますが、
メディアからの先入観のせいで水生植物専門ルアー≠ニ
思い込んでそれ以外では使用しない人が多いのが現状です。
しかしその構造から根掛かりが心配な障害物周りでは最強のルアーで
もっと色々なステージで使ってもらいたいルアーです。

ここでは即席チューンより丁寧に、さらに強度も確保した
使える<tロッグに仕上げる
実践的なチューニングを紹介します。
 
1) 簡単チューンで必要なツール
・スピナーベイトフック 3/0〜5/0 もしくは
オーナーばり STINGER SIWASH OPEN EYE 3/0〜5/0
・フロッグ専用接着剤 もしくはアクアシール(ウェーダーの補修剤)
・エポキシ系接着剤
・針金(手で曲げられる程度の太さ)
・タコ糸
・洗濯バサミ
・プライヤー(ラジオペンチ)、カッター、裁縫用の針
 
iconicon [PR] カルティバ ストレートワームフック icon
 ロングセラーのワームフックで、スナッグレス・プラグの交換フックとしての使用も充分耐えられます。ただしバスのみ。
 基本的にライギョは一旦噛み付いたら雷が鳴るまで離さない≠ニ言われるほど何があろうが口を開けないですが、バスに至っては何が何でも外してやる≠ニいった感じなので深く刺さる細軸のシングルフックがとても有効です。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
2) 簡単チューン 手順
 まずフロッグの中身を取り出します。
 今回はバス用のフロッグを作るのでアイ、フック、シンカー(板オモリ)を全てバラバラに分解します。
 アイとフックをジョイントします。アイとして使用している針金のフックキーパー用のアイに針金を通し、フックを挟み込むように針金を渡します。
 洗濯バサミで仮留めし、ボディに当てて全体の長さを調整します。
 フックポイントがボディに軽く当たるくらいに調整しないとスナッグレス性が失われてしまうので注意。
 調整が済んだらフックと針金の接点にたっぷりエポキシ系接着剤を塗る。
 エポキシ系接着剤が乾かないうちにタコ糸をきつく密に巻いて、乾燥します。こうして固定すればフックポイントが掛けたり折れたりしてもジョイント部分に針金をカットすれば簡単に交換することができます。
 エポキシ系接着剤が乾燥したらオモリをフックに巻き付ける。
 アイの下・ボディとの接点にフロッグ専用接着剤もしくはアクア・シールを多めに塗り、ボディに再装着し、フックが真上を向くように微調整する。
 フックにレッグを再装着し、フロッグ専用接着剤もしくはアクア・シールで隙間を埋める。
 爪楊枝などでフロッグ専用接着剤もしくはアクア・シールを少量取り、アイとの接点部分に塗りこみ目止めする。
 アイに串などを通して12時間吊るして乾燥させる。
 完成。レッグの代わりにコロラド・ブレードなどに交換するのも有効です。
 
※ ウェイトを巻く位置で静止姿勢を変える
 オープンウォーターで広く探るにはスケーティング・タイプ≠ェ、1点をネチネチ攻めるにはウォーキング・タイプ≠ェ有効になるのはペンシルなどトップ・ウォーター・プラグの基本です。
 フロッグの場合ウェイトを軸のほぼ中央に巻けば水平姿勢を取りスケーティング・タイプ≠ノ、フックのカーブ根元に巻けば垂直姿勢を取りウォーキング・タイプ≠ノなります。この特性を意識してチューニングすると一層使えるフロッグ・チューンの幅が広がっていきます。
 
iconicon [PR] ウィップラッシュファクトリー S.O.DX icon
ボディはマグナムサイズだが、ポケットにおける繊細な演技能力まで組み込まれている。南極砕氷船の船首形状からヒントを得た、フロントのVカット断面は、ヘヴィなヒシの上でも安定感を増す効果がある。だからといってロングキャスト&ズル引きはしてほしくない。ロールを伴った独特の首振りや、サイズのわりに繊細なアクション特性を活用してほしい。サイズのわりにフックアップ率も確保されている。=c以上製作者・新家さんのコメントでした。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
[PR] 【TSUTAYA online】CD通販 [PR] Universal Studios Japan [PR] 株式会社USEN