●フロッグ・チューン 〜 じっくりチューン
 
フロッグ(スナッグレス・プラグ)は特に密度の濃い水生植物で
威力を発揮しますが、
メディアからの先入観のせいで水生植物専門ルアー≠ニ
思い込んでそれ以外では使用しない人が多いのが現状です。
しかしその構造から根掛かりが心配な障害物周りでは最強のルアーで
もっと色々なステージで使ってもらいたいルアーです。

ここではもはやうまくいったら職人芸≠ネ
手間隙のかかる
ある意味究極の<`ューニングを紹介します。
 
1) じっくりチューンで必要なツール
・スピナーベイトフック 3/0〜5/0 もしくは
オーナーばり STINGER SIWASH OPEN EYE 3/0〜5/0
・ナツメオモリもしくはアユ・コロガシ用オモリ
・フロッグ専用接着剤 もしくはアクアシール(ウェーダーの補修剤)
・エポキシ系接着剤
・針金(手で曲げられる程度の太さ)
・タコ糸
・洗濯バサミ
・ハンダごて、交換式のマイナスドライバー、プライヤー(ラジオペンチ)、カナヅチ
カッター、ハサミ、適当な受け皿、デジタル式のハカリ
 
iconicon [PR] ウィップラッシュファクトリー L.D.ムルヨン icon
スリム&ロングボディにポッパー系カップ。ロングモデルを設計すると、こうなった。一見、足の長いスライドタイプと思われるが、サウンドを伴ったドッグウォークに重きを置いている。立ち気味にチューンすると、ポッパーカップの特性が活き、前後/上下のアクションが活性化。水平気味のチューンなら左右の動きが活きてくる。ロングボディゆえ、使用時にはケツから食わせる意識を。=cとカタログには書いてあった。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
2) じっくりチューン 手順
 まずフロッグの中身を取り出します。
 今回はバス用のフロッグを作るのでアイ、フック、シンカー(板オモリ)を全てバラバラに分解します。
 アイとフックをジョイントします。アイとして使用している針金のフックキーパー用のアイに針金を通し、フックを挟み込むように針金を渡します。
 洗濯バサミで仮留めし、ボディに当てて全体の長さを調整します。
 フックポイントがボディに軽く当たるくらいに調整しないとスナッグレス性が失われてしまうので注意。
 調整が済んだらフックと針金の接点にたっぷりエポキシ系接着剤を塗る。
 エポキシ系接着剤が乾かないうちにタコ糸をきつく密に巻いて、乾燥します。こうして固定すればフックポイントが掛けたり折れたりしてもジョイント部分に針金をカットすれば簡単に交換することができます。

 ここまでは簡単チューンと同じ行程。
 デジタル式のハカリ(1,000円前後で販売されているキッチン用デジタル計量器)でフロッグに装着されていたオモリの重量を量り、同じ重さのナツメオモリもしくはアユ・コロガシ用オモリを選ぶ。なければオモリを削って重さを整える。
 選んだオモリをカナヅチで叩いて直径1.5〜2cmほどの板状に延ばす。
 今回はフロッグをウォーキング・タイプ≠ノ仕上げるので穴がセンター(延ばしたオモリの中心)からややずれた位置に来るように叩く。
 延ばしたオモリを、外周から穴までの長さが長いほうをテイルに来るようにボディに当て、ボールペンなどで輪郭をなぞる。
 ハサミやカッターなどでなぞった線より2・3mm内側をカットしていく。これは延ばしたオモリをボディ内側に埋め込むための穴になる。
 この作業をする際にはあらかじめ用意しておいた受け皿の上で行い、切り取ったカスは捨てずに取っておく(後で使用するため)。
 カッターで延ばしたオモリの外周から穴までの長さが最も短い部分に切り込みを入れ、先にアイと結合したフックを通す。
 アイの真下にフロッグ用接着剤もしくはアクア・シールを多めに塗り、同時にオモリのボディ側にもまんべんなくフロッグ用接着剤もしくはアクア・シールを塗り、ボディに装着する。
 爪楊枝などでフロッグ用接着剤もしくはアクアシールを少量取り、アイ周辺とオモリとボディの接点に塗りこみ目止めする。
 アイに串などを通し12時間吊るして乾燥させる。
 ハンダごてを用意する。市販品のハンダごては先端が尖っているものがほとんどなので交換式のマイナス・ドライバーと交換すると作業がしやすくなる。
 先に切り取ったボディのカスをハンダで溶かしながらオモリの露出した部分に塗りこんでいく。薄く延ばしていくので全体に行き届く量は間に合います。
 ボディの材質が塩化ビニールを主原料にしているので焦がさないように注意。また鉛は熱がこもりやすく接着部分が剥がれる恐れがあるのでこれにも注意が必要。
 まんべんなく塗り込んだらボディのお尻に空気穴を開ける。簡単チューン同様目の間に切れ込みを入れた空気穴でも良い。
 レッグをフックに通し、ハンダごてで溶接して完成。レッグの代わりにコロラド・ブレードなどに交換するのも有効です。

 スケーティング・タイプにするにはオモリを四角くなるようにカナヅチで形を整え、ボディのベリー部分を切り取り、あとは全く同じ作業工程を踏みます。
 
※ ブレードに交換して移動距離を短くする
 ブレードに交換するのはフラッシングによるアピール度を高めるだけが目的ではありません。
 船で言えば水中にパラシュートを開いているようなもので(パラシュート型のアンカーが市販されています)、確実に移動距離を短くする事ができます。従ってよりピンポイントを狙いたい時やスケーティングの移動距離を短くしたい時には大きめのブレードを装着すると良い。
 
iconicon [PR] GRAIN(グレイン) GRAIN TG ブレードシザース icon
 ハサミなんて何でもいいんだよ…とルアーしかやったことのない人ややってせいぜい餌釣り程度で止まっている人は言います。確かに切れれば何でもいいことには違いありませんが、より切れる<nサミは作業にストレスを与えないという事は違いの分かる人にとっては常識です。
 ウラ漁師公認シザーズはDr.Slickですが、フロッグのチューンにはもったいない。そこで妥協点としてこのテのハサミをお勧めします。本来フライ用品ですが、良く切れるハサミは癖になります。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
[PR] 【TSUTAYA online】CD通販 [PR] Universal Studios Japan [PR] 株式会社USEN