●ジグヘッド作成術 〜 ジグヘッドを自作する(ごく一般的な方法)
 
ジグヘッドは何だかんだと良く使用されるものですが、
ストラクチャーをタイトに攻めれば根掛かりによるロストは付き物です。
ハードコアな愛好者にとって市販品は
コストパフォーマンスのより良い自作に走って
思う存分使い倒します。

ここではごくごく一般的なジグヘッドの
作成方法を紹介します。
 
1) ごく一般的なジグヘッド作成で必要なツール
・ジグヘッド用モールド(金型)
・ジグヘッド専用フック
・耐水サンドペーパー各種
・海釣り用のオモリ(ナツメオモリなど)
・金属製灰皿とアウトドア用ストーブ(コンロ)
・プライヤーやペンチ、ヤットコなど
・軍手
 
iconicon [PR] ノーブランド DOIT ジグモールド FBB−7A icon
 近年のバスフィッシング用品の販売規模縮小に伴いジグヘッド用のモールドは真っ先に店頭から姿を消しています。
 しかしジグヘッド狂い、ラバージグ狂いにとっては根掛かりを気にせずガンガン使いたい…となるといちいち市販品を買っていたのでは金がイクラあっても足りやしない、ということで自作でバンバン作ってカンガン打ち込む。これ、基本です。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
2) ごく一般的なジグヘッド作成 手順
 下準備その1
 モールド(金型)にフックをセットして、モールドを閉じる。
 下準備その2
 金属製の灰皿の1箇所をラジオペンチなどでV字に凹むように加工する。これは溶かした鉛を流し込みやすくするための加工。
 アウトドア用のストーブに加工した灰皿をセットして海釣り用のオモリを適量入れて加熱する。オモリはナツメオモリ、丸型オモリなどの中通しオモリが良く、小田原方や釣鐘形などのオモリだと針金が邪魔になるのであまりお勧めしない。

 鉛は過熱すると致死性の高い有毒ガスが発生するので必ず屋外で作業すること。
 鉛がドロドロに溶けたら下準備したモールドの穴に鉛を流し込む。躊躇せず一気に流し込むこと。溶かした鉛が凝固してしまったら再び加熱すれば溶けてくれる。
 鉛が凝固したことを確認したらモールドを開き、ラジオペンチなどでバリ等を取り1000番以上の耐水サンドペーパーで軽く磨き、成型する。
 色を塗って完成。これにラバーを巻けばラバージグになります。
 
iconicon [PR] オーナーばり フラジグ60 HR−60 icon
 ラバージグはブラシ付なら根掛からない、と人は言いますが、個人的にはブラシ付だと弾かれてフッキング率が悪いし人が言うほどスナッグレス性が良いとは思えない。
 ところがこのフラジグはオフセット・フックを使用しているのでブラシ付とは比べ物にならないほどフッキングが良くスナッグレス性が高い。どうして各社この形状を取らないんでしょうか……?
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
[PR] 格安航空券なら割チケ.jp [PR] 着うた [PR] ダイナースクラブカード