●ジグヘッド作成術 〜 ジグヘッドを自作する(ウラ漁師流ケチケチ作成術)
 
ジグヘッドは何だかんだと良く使用されるものですが、
ストラクチャーをタイトに攻めれば根掛かりによるロストは付き物です。
ハードコアな愛好者にとって市販品は
コストパフォーマンスのより良い自作に走って
思う存分使い倒します。

ここではウラ漁師流≠フなるべくお金を掛けない
作成方法を紹介します。
 
1) ごく一般的なジグヘッド作成で必要なツール
・バルサ、ホウの木などの工作用木材ブロック
・C型クランプ2個・布テープ
・ワーム用フック
・針金(フックと同じ程度の太さ)
・ペン型ルーターとルーターヘッド各種
・耐水サンドペーパー各種
・海釣り用のオモリ(ナツメオモリなど)
・金属製灰皿とアウトドア用ストーブ(コンロ)
・プライヤーやペンチ、ヤットコなど
・軍手
・サンプルになるジグヘッド
 
iconicon [PR] オーナーばり オカッパリバーブレス B−92 icon
 自作で嬉しいのは普段愛用しているワームフックをそのままジグヘッドにできるということ。それこそストレート・フックからオフセット・フック、太軸から細軸まで思いのままです。
 ダミ声でフィーッシュ≠ニいうあのオジサンプロデュースのこのフックは卑怯なくらいに良く刺さる、バスフィッシングの定番中の定番商品です。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
2) ごく一般的なジグヘッド作成 手順
 まずはバルサやホウの木などの加工しやすい木材でモールド(金型)を作ります。
 木材ブロックを2枚揃えて布テープで1辺を張り、鰐口状にする。
 木材を開いてサンプルになるジグヘッドを挟み、C型クランプでギュッと締め付ける。この時後の作業を楽にするために布テープで揃えた箇所をしっかり揃えておくように注意する。
 開くとジグヘッドの型が見事にめり込んでモールドの型が出来上がる。
 ペン型ルーターでモールドの原型(両面)を成型する。この時できた穴を滑らかにするだけなのでささくれ立った所を削るのみに徹して削り過ぎないように注意。
 ワーム用フックをジグヘッド用に加工する。針金でアイを作り、フックのアイに通しておく。
 加工したフックをモールドに挟んでC型クランプで再びギュッと締め付ける。ワームフックの本来のアイの位置にヘッドが来るように調整する事。またこの時点で新たに作ったアイの長さを調整しておく。
 モールドを開いて片側にフックの凹みをペン型ルーターで成型する。
 さらに鉛を入れる穴と空気穴をペン型ルーターで削って作成する。
 アウトドア用のストーブに加工した灰皿をセットして海釣り用のオモリを適量入れて加熱する。オモリはナツメオモリ、丸型オモリなどの中通しオモリが良く、小田原方や釣鐘形などのオモリだと針金が邪魔になるのであまりお勧めしない。

 鉛は過熱すると致死性の高い有毒ガスが発生するので必ず屋外で作業すること。
 鉛がドロドロに溶けたら下準備したモールドの穴に鉛を流し込む。躊躇せず一気に流し込むこと。溶かした鉛が凝固してしまったら再び加熱すれば溶けてくれる。
 鉛が凝固したことを確認したらモールドを開き、ラジオペンチなどでバリ等を取り1000番以上の耐水サンドペーパーで軽く磨き、成型する。
 色を塗って完成。
 木材のモールドは耐久性が低い(燃えてしまう)ので1〜2回使用したら使い物にならなくなってしまうので使い切りと考えてください。また木片、C型クランプ、ペン型ルーターなどはダイソーで販売しているのでコストはかなり抑えることができます。
 
iconicon [PR] フェザー バルサブロック icon
 本来はプラグを自作するためのマテリアルですが、加工しやすいバルサ材は色々と応用範囲が広いものです。
 今回はジグヘッド作成にモールド≠ニして使用しましたが、頭をもっと柔らかくすれば色々なものに使用できそうです。後は皆さんの工夫次第、ということですね。
購入は 公認釣具店・お近くの釣具屋さん、ない場合は ナチュラム icon まで
 
[PR] 格安航空券なら割チケ.jp [PR] 着うた [PR] ダイナースクラブカード