●基礎の基礎 入門編 〜 アイを交換する
 
最も軽視されているのがアイです。
釣っても3ポンドのラインで対処できてしまうようなサカナ相手ならともかく
それなりにドラグを鳴らすようなサカナを相手にするのであれば
ポンドテスト表示≠ェ表示されている
スナップに交換するべきです。
 
A.スナップに交換する
1) 付いているアイのリングを外す
 プライヤーやラジオペンチなどでリングの重なっているところを適当に押し広げ、滑らせながら外します。力を入れすぎるとルアー側の針金を曲げてしまったりリップを追ったり傷つけたりするので注意しましょう。
2) 新しく取り付けるスナップのサイズを決める
 基本中の基本はオリジナルと同じ大きさのリングを用意します。リングの外周とスナップのカーブが同じ大きさのものを選びます。スナップはヨリモドシが付いているものは手元にルアーの動きが伝わらなくなるので避け、ヨリモドシの付いていないものを選びます。
3) スナップを取り付け、完成
 スナップを開いて取り付けます。この時しっかりスナップがロックされている事を確認しないと釣りをしている最中にすっぽ抜けてルアーだけ遠くに飛んでいってしまいます。
 
B.スプリット・リングを使用する場合
 クランクベイトやディープダイビング・ミノーなどではリップにヘコミをつけているものが多く、スナップを通す事ができない場合があります。そんな時は仕方がないのでリングを使用します。
 最近では楕円形のリングなどが販売されているのでこちらを使用するとスナップに近い効果が得られます(ウラ漁師はラッキークラフトのリングを使用)。
 
C.スナップが良い訳
 リングは1本の針金が2重になっているのでアイに干渉するのも2倍になってプラグの動きに干渉してしまい本来の泳ぎが発揮できません。
 スナップは針金1本なのでプラグの動きへの干渉は最小限に抑えることができ、最大限の泳ぎを発揮してくれます。
基本作業は改造というよりもチューンアップ≠フ要素が強い
地味な作業ばかりです。
しかしこの地味な作業を施すか施さないかで
他人と釣果に差が生じる≠フで、地味だから≠ニ甘く見ると痛い目に遭います。
同時に施したものだけ良い目にあう≠ニいうことなので
手持ちのルアー全てに施しておく事をお勧めします。
 
[PR] ダイナースクラブカード [PR] 使うことに価値のあるものは、使うほどに価値がでる。