●フック(針)を交換する(プラグ・スプーン編)
 
釣果にこだわっていくとフックの好みがはっきりする…
何故ならサカナと釣り人を繋ぐ最も重要な箇所だからです。
そこで最も信用できる<tックに交換することで
釣りをする際に大きな自身へと繋がってきます。
スパッと刺さって外れにくい 掛けたら獲る≠スめのひと手間です。
 
1)フックを外す
 フックはリングと一緒に外してしまう場合がほとんどでしょう。しかし場合によってはリングを残しておく場合もあります。
 リングから外す場合リングをプライヤーで押し広げ、隙間に滑らせるように外します。
2)新しいフックを選ぶ
 基本中の基本は同じ大きさで同じ太さのフックを使用します。
 ウラ漁師はカルティバST−36BCを基準(5cm以下のプラグの場合ST11)にカルティバ・フックを、交換の際にバーブを潰して使用しています。カルティバ・フックは左右正対称なのでスイムバランスが向上してお勧めです。
3)新しいフックを取り付ける
 リングをプライヤーで押さえつけて開き、フックアイを滑り込ませて通したら完成。
 カルティバの左右正対称のフックはフックポイントの方向があるので注意が必要です。基本的には1本のフックが完全に下を向けば理想的。
 
※カルティバ・フックの正しく1発で正対象に取り付けるコツ
1)フックの持ち方に技があり
 トリプル(トレブル)・フックの下向きになる部分(上から見てフック・アイと1直線になる部分)を下に向け、親指・人差し指・中指で押さえ込む。こうするとしっかりホールドできる上フック・ポイント(針先)が誤って刺さるのも防いでくれるので一石二鳥。
2)リングにフック・アイを滑りこませる際一番下に向くフックをルアーの頭に向けて寝かせる
 ここさえ守っていれば自然にフックが理想的な位置に付きます。リングの切れ目の天地は関係ないのでやりやすいほうで試してみましょう。
 フック交換しなければならないルアーが多い場合、親指と中指の間に一番下に来るフックを当てる(ウラ漁師の手癖)ように心がければより作業効率が上がります。
 
※スプーンのシングル・フックの場合
理屈はトリプル・フックと同じ…ですが
 スプーンをシングル・フックに変える場合も同様です。が、リングをスプーンに対して垂直に押さえ、スプーンの凹んだほうにフック・ポイントを持ってこなければ根掛かりばかりして釣りどころではなくなるバカチューン≠ノなってしまいます。
 
[PR] ダイナースクラブカード [PR] 使うことに価値のあるものは、使うほどに価値がでる。