●フック(針)を交換する(スピナー編)
 
管理釣り場ブームといわれて久しい昨今、管釣り専門≠ニいう釣り人が現れるほど
すっかり定着した感があります。
が、何故かルアーの基本中の基本であるスピナーは意外と使われていません(特に都市部で)。
それは何故か…
単にフック交換が出来ないから
出来ないのではない、ちょっと頭を使えば
誰にでも交換できるのです。
 
[PR] フローター、ボートからウェアにボックスまで何でも揃う♪
 
1)フックを外す
 フックがワイヤに直付けされているので交換方法がない、と諦めている人がほとんどです。が、いらないものは捨てるまで≠ネのでワイヤ・カッターでフックのアイを切ってしまいます。アイの最も細くなっている所に切り込みを入れてプライヤーで捻じ曲げる、もしくは左右のアイの最も細くなっている所に切り込みを入れればOKです。
2)スプリット・リングを付ける
 スプリット・リングをプライヤーで押し広げ、スピナーのワイヤに滑り込ませます。
 次回以降のフック交換の際には単にフックを交換するだけなのでとても楽チンです。サイズは#1〜3の使いやすいところを適当に。
3)新しいフックを選ぶ
 トレブルフック→シングルフックの場合、基本は2番手大きいものにする、ですが工場出荷時のフックで良く分からない場合はトレブルフック1本のゲイプ幅の1.5倍のゲイプ幅が目安になります。
 好みにもよりますが、シャンク長と合わせるのも手です…いずれにせよさほどルアーの動きには影響を及ぼさないので神経質になる必要もなく目分量で充分です。
4)新しいフックを取り付ける
 リングをプライヤーで押し開き、新しいフックを滑り込ませる。元々天地のないルアーなだけにここでは何も考えず取り付けて構わない。
 
[PR] アドビ製品 今すぐ購入! SOHO・企業様に割引購入のオススメ。ライセンスだから管理も簡単。
 
※元々フックにエクステンド・フェザーが付いている場合
作ってしまえ
 ルアーのエクステンド・フェザー(鳥の羽などのテイル材)は至極単純な巻き方で付いています。お金に余裕のある方はバイスを購入してチャレンジしてみると良いでしょう(フライ・フィッシング方式)。
 お金のない人でも大丈夫、プライヤーやラジオペンチでフックをつまんで巻いてみましょう(テンカラ・日本毛鉤方式)。
 まずマテリアル(材料・ここでは鳥の羽)がずれないように木綿糸(フライ専用6/0が使いやすく好ましい)を巻き留めます。詳細はこのHP内Tying Book≠ノて。
 フライフィッシングのように神経質にならず、セメント(接着剤)を使用しながらテイルを巻き留めていきます。この時お好みでフラッシャブーを入れるのも手です。
 さらにハックリング(フックの軸に鳥の羽をぐるりと巻くこと)を加えても良いでしょう。この辺はあくまで好みです。
 余分なマテリアルをカットして仕上げに糸をしっかり結びとめます。この時ハーフ・ヒッチを施してセメントを垂らせばOKです。詳細はこのHP内Tying Book≠ノて。
 
[PR] ダイナースクラブカード [PR] 使うことに価値のあるものは、使うほどに価値がでる。