Bass Rods

Scorpion Shaula 1581F
 SHIMANOバスロッドの最上級機種。中でもこの1581Fは言わずと知れたバーサタイルロッドの基本です。5.8フィートという長さに5g程度のソフトルアーから20g近いジグヘッドまでこれ1本で対応してしまう。加えてプラス・ハンドル≠ニいう絶妙なハンドルの長さのおかげでシングルハンドでもダブルハンドでも状況に応じて使い分けることができる。ウラ漁師も手放せない1本です。
 実は写真の1581Fは2本目でして、1本目は河口湖でフローターに乗って40cmクラスのバスとファイトしているときに浮き桟橋にぶつけて折ってしまいました。2本目を手に入れるまでの間、とても不便な思いをして何か対策を立てなければならないことを痛感しました。

 釣り人天国町田店で購入。
Scorpion Shaula 15101F
 このロッドを買うきっかけは、実は1581Fを折ってしまった事でした。いくら頑丈な竿でも穂先を桟橋にしたたかぶつけては折れてしまいますね。幸い中古で1581Fは購入できましたが、もしこれを折ってしまっては再び苦労の日々が待ち受けている…新品で買うには結構勇気のいる価格帯ですからね。
 そんな余計な心配をしている折新品同様で売りに出ていた15101Fを見つけ、それまで持っていたレサト15101FFを下取りに購入しました。
 15101Fは、実は1581Fと全く同じブランクを使っているそうで、違いといえばハンドルがセミダブルであるということだけ。実質1581Fを買ったことになります。これで私の不安は一気に払拭されました。
 後はマルチピースの1581F−4 があれば完璧だな♪
Scorpion Shaula 15103R
 メーカーの言い分だとジグ打ちロッド≠セそうだが、ウラ漁師の場合ライギョのいる野池でバスを釣りたいと思い、仙台在住時に購入。普通なら6フィート半以上のロッドを考えるところだが仙台の野池でそんな長尺を振り回していたらあちこち引っ掛けて釣りにならない場合がある。そのために敢えて6フィートに1インチ足らないこのロッドを購入したというわけ。
 
ウラ漁師的使い方は#0/7フックを奢ったデスアダーのノーシンカーをアシにねじ込む時に欠かせません。しかしこちらに帰ってきてからというものなかなか出番は少ないですけどね。

仙台・中野釣具店で購入。
Scorpion Shaula 1745R
 長いこと買うつもりでいたのに買えなかったロッドです。何しろ新品では狂ったように高いし中古市場にはなかなか出てこない(新品でも買う人が少ないのだから無理もない)。中古で見つけて即買いしてしまいました。一般的にはヘビーキャロライナやビッグスイムベイト用に使うそうですが、ウラ漁師的には15103Rと一緒にライギョのいる野池での使用を大前提にしています。もちろんメーカー推奨の使用もします。
 関東のフィールドではビッグスイムベイト以外使い道がないと思っていましたが、意外と1オンスくらいのスピナーベイトに使えるんですね。相模湖ではこれがないとすごく不安です。
Scorpion Shaula 2621FF
 実はこのロッドを購入してからある失敗≠ノ気づきました。
 それまで
ウラ漁師の公認バススピニングロッドはMegabassでした。その中でもF1−61XSは仙台の野池で64cmを釣り上げた文字通りのメモリアルロッドとなったわけですが、さすがに少しくたびれてきた。新しいロッドを考える時、「Megabassのロッドは折れるようになった」という話を聞き(詳細はシーバス・ソルトルアータックルのサイトにて)、SHIMANOだけで行くことにしました。
 F1−61XSがFFアクションであっただけにSHIMANOでもFFで行くべきと判断しました。長いこと探し回ってたまたま新品同様で売りに出ていた2621FFを買ってしまったというわけです。しかし実際に使ってみると意外と飛ばない…よく考えてみるとSHIMANOの穂先はMegabassのように雑ではない、しなやかなものばかりでそれを更にしなやかにしているのだから飛距離が違ってきても仕方がない。従って2601Rで充分だったというわけ…若干失敗したかな?
Akrab 1602S
 いくら1581Fが優れたロッドでも完璧ではありません。それを実感したのが秋の相模湖でクランクを引いている時でした。
 秋の相模湖は1日中クランクを引いているほうが他のリグを試すより良く釣れます。実際私は秋の相模湖ではクランクしか使わないのですが、1581Fだと根掛かりやバラシが意外とあってそれがストレスになって釣りのリズムが崩れてしまう…バーサタイルロッドの中で考えれば1581Fはバラシも根掛かりも少ないほうなんですけどね。
 で、クランクとスピナーベイトを使い倒すために買ったのがグラスロッドのアクラブでした。これは去年の11月に買ったので1回使ってみただけですが、う〜ん…モッタリと投げないと簡単にバックラッシュするところがやはりグラスなんですね。根掛かりとバラシは驚くほどなくなりました。

SHIMANO ロッドについて

 量販店やSHIMANOに力を入れていないプロショップと呼ばれる店舗では1581Fを涼しい顔してライトロッド≠ニ抜かしますが、もしこんな事を平然と言う店があったらSHIMANO以外の買い物をする人でも避けた方がいいでしょう。

 というのもカタログスペックだけを見ても一般的にL=iライト)とは3g〜7g・ベイトロッドならせいぜい10gまでといったところです。ところがSHAULA1581Fの場合6g〜18gとML≠ヌころの騒ぎではなく、ML+M≠フ範疇に入ってしまうのです。同じSHAULAでも1582Fとなると7g〜21g、これまたM+MH≠フ範疇に入ります。
 これはSHIMANO独自のパワー基準に従って開発し・表記をしているからで、他社のバスロッドがトラウトの基準をそのまま流用したのに対してトラウトで使うルアーとバスで使うルアーは違う≠フだからバスに独自の規準を与えた、というわけ。
 これは飽くまでカタログスペック上の話なので実際にはもっと軽いルアーやもっと思いルアーをキャストする事が可能です。従って1581FはL〜M≠P582FはML〜MH≠ニなります。特にオカッパリ師や初心者には1581Fというのはこれでおわかりですね?この事を知らなければパワー番号が1番だからライトロッドだろう≠ニいい加減な事を言ってしまうんですね。

 そんないい加減な奴らを信用できます?ましてやあなたの大切なお金を渡そうと言う気になります?いい加減な事しか言わないような店だったら余計な買い物をさせられて損をするのは目に見えていますね。