SEABASS & SALTWATER TACKLES

TIFA NORIE'S ROADRUNNNER RR630MLS
    + SHIMANO ULTEGRA 3000/4000 DH
 私のメインシーバスタックルです。
 ROADRUNNERは紛れもないバスタックルなのですがバスに使うには卑怯なくらいのトルクを持っていて、ゲームフィッシングを楽しむ私にとっては釣り味に欠ける<鴻bドです。試しにオカッパリシーバスに使ってみたところ実に塩梅がいいのでそのままシーバス専用ロッドとして使っています。東京湾のオカッパリシーバスでは足場が高いからと10フィート以上の長尺を持ち込むビギナーがいますが、ストラクチャーが多い東京湾では機動力を重視して長くても7.6フィートを限度にしましょう。あとはタモとロングリップミノーなどで充分カバーできます。
 リールでも2000番を持ち込んで来るビギナーもいて目眩を覚える事が多々あります。12lb前後のラインを使う事とハンドル1回転あたりのラインの巻き取り量を考えると3000番か4000番を持ちたいところです。私はソルトではULTEGRAを使います。TWINPOWERと同等なドラグと過酷な使用を考えるとこれで充分でしょ。
GOOBER ORIGINAL 760ML
    +SHIMANO ULTEGRA 3000/4000 DH
 WBC荻野貴之氏のお店 GOOBER のオリジナルオカッパリシーバスロッドです。バチ抜けや少し距離を稼ぎたい時などはこのロッドの出番です。ラパラのミノーイングを前提にしているロッドッだけあってその辺の使用感は抜群です。
 このロッドは東京湾ばかりでなく南伊豆や西伊豆の河口にある漁港近辺などを狙うとき、馬入川でウェーディングをするときなど、またハゼのチョイ投げなんかでも結構使えるので重宝しています。
 リールは基本的には春はシーバスは痩せて力も弱いので3000番、秋は丸々と太ってトルクもあるので4000番と使い分けています。
SHIMANO SALTY GAME 1002SS
       + SHIMANO TWINPOWER 5000
 サーフや磯でのシーバス・ヒラメ狙いの1本。
 元々は仙台でサクラマスを狙うために付焼刃的に購入したのだが、こちらに戻ってきてめでたくシーバスロッドの本懐を遂げている。本音を言えばもう少し長いロッドがあってもいいかなと感じる今日この頃、13フィートのシーバスロッド購入を検討中。
 リールは波の強いところで使うのでハンドル1回転あたりの巻き取り量を考慮した結果です。