左のトップ・ポケットには7Xのティペットを入れています(Fujino製)。
 右にはニンフ・ボックス(胸ポケット)もしくはミッジ・ボックスを入れています(C&F製)。
 左ポケットにはタバコとライター、灰皿それにフリスクをしまっています。形状が固定されているので便利です。
 利き手である右手で取り出しやすいよう左に使用頻度の高いC.D.C.ソラックス・ダン専用フライボックスを入れます(C&F製)
 2006年の途中からSIMMS・G3ガイドベストに変更、それまではFoxFire・ストラテジーを使用していました。只今写真撮影中ですので撮影が終了するまで旧ベストを公開しています。写真撮影が終了次第UPしますのでもう少しお待ちください。
 サイドポケットには左右それぞれエルクヘア・カディスやアダムスなどを入れたドライフライ・ボックス(Caps製)を収納。裏側にはカメラ・ストマックポンプ・水温計などを収納しています。
 背面・小型ポケットにはリーダーワレット、大型ポケットにはレインジャケット(ユニクロ製)や弁当・ペットボトルなどを収納。ブローディンのトラウトネットは背面D環にぶら下げています。
 これが厄介な<Tイドポケット。フライボックスが入るわけでもなく意味をなさないばかりでなく、気を抜くとここにラインが引っかかってしまう。とりあえずタバコと灰皿・ゴミ入れを収納。
 こちらも2006年に購入したキャンベル・クーパー;ルイスウェーダーです。本流のスペイや湖沼のウェーディングから早春の渓流まで広く活躍します。
 取り扱いはYahooShopping内 YOKOHAMA FIELD&SUPPLYにて。
 右ポケットには薄くてかさばらないウェット・レザーワレット(T’s製)とストリーマー・ワレット(Barbour製)を収納。
 左にはウェットフライ・ボックス(C&F製)を収納。湖沼では同社製ストリーマー用ボックスが入ります。
 渓流では左にミッジ・ボックス、右にニンフ・ボックスを収納します。メイフライの季節になるとミッジ・ボックスと入れ替えドライフライ・ボックスになります(全てC&F製)。
 フォーセップや水温計などの細々としたものはランヤードで首からぶら下げます。狩猟民族テイストで♪
 タグを見るとあれ?Barbourじゃない≠ナすが、これが通≠チぽく見えるのです。


iconicon

現在イチ押し
 安くて良質
LittlePresents のベストです
 

[PR]
iconicon  C&Fデザイン CF−3308 コンバートメント&8段W.P.F.C. icon
 昔はホイットレーか3Mのフライケースばかりでしたが、このC&Fがリリースされてからあっという間にメジャーなケースになりました。等間隔にフライを並べることができるのが几帳面な日本人の性格にぴたりと一致したのでしょう、巻いたフライが整然と並ぶと気持ちのいいものです。
[PR]
 BARBOUR(バブアー) BEDALE JACKET
 フライで湖沼の立ち込み+ダブル・ホール、となると『腰まで立ち込めるか!』となります。そこでビューフォート、と言いたいところですが実はそれでは裾が長すぎてほとんど立ち込めない…ということで元々乗馬用のビデイルが程よい裾の長さで理想的になります。
 ウラ漁師勝手に′認釣具店ではA&F Yahoo!店の紹介が基本ですが、ここでは上野・アメ横 LITTLETREASUREとリンクしています。
 右にはカディス、コーチマン等のドライフライを入れています(C&F製)。
 ショット(ガン玉)やフロートは胸ポケットに収納しています。
 右のポケットには6Xのティペットを入れています(Fujino製)。
 左腰D管にはランディング・ネットをぶら下げています。
 右胸のD環にはドライフライ用フロータントをぶら下げています。